【おすすめKindle本】Appleを作った二人の”スティーブ”を描いた漫画「スティーブズ」が面白い!

Appleを作った二人の「スティーブ」を知っているか、と聞かれたらほとんどの人があのスティーブ・ジョブズを想像すると思います。

250px-Steve_Jobs_Headshot_2010-CROP

しかし、Apple創生の裏にはもう一人のスティーブがいたことを知っているでしょうか。

Apple創始者のもう一人の「スティーブ」

スティーブ・ウォズニアックです

220px-Steve_Wozniak

スティーブ・ウォズニアックはアメリカ合衆国のコンピュータ・エンジニアである。スティーブ・ジョブズ、ロン・ウェインらと共に、商用パーソナルコンピュータで世界初の成功を収めたApple Inc.の共同設立者の一人。 Apple IおよびApple IIをほぼ独力で開発。多くのコンピューター関係者に人柄を慕われ「ウォズ」と、また、技術者からはApple IIの設計などから伺えるその技術力から「ウォズの魔法使い」とも呼ばれる。

そんな二人のスティーブが主人公の漫画が今回紹介する「スティーブズ(STEVES)

スポンサーリンク

Appleを産んだ無名の天才を描いた漫画「スティーブズ」

Mac、iPod、iPhone、iPad…世界を変え、世界を作った企業・アップルコンピュータ。今から約30年以上前、その中心にいたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、まだ無名だった。二人の武器は圧倒的な向上心と探究心、そして遊び心。向かうところ敵だらけ、障害だらけの1970年代のシリコンバレーを舞台とした二人の革命に浸れ…熱狂せよ…!!

普通のスティーブ・ジョブズの伝記なんかとは違って、よんでいてワクワクが止まらないくらい面白い漫画に仕上がっていて驚きました。そしてこの二人のスティーブがかっこいいことかっこいいこと。読んでいて熱くなりますね

appleda

実際、第1巻のレビューには熱い感想がのっています。

  • 「Apple」「スティーブ・ジョブズ」に関する出版物はほぼ全て読破しましたが、
    これは「決定版」とも言える会心の面白さ。
  • 大御所の漫画家が書かれている本家版(?)が
    原作のストーリーに挿絵が付いただけのように思えるのに比して、
    こちらはマンガとしての再構成っぷりが見事で、とにかくエキサイティング。
  • 同じ原作でもこうも面白さが変わるものなのですね。
  • 早く早く、第二巻を!

全3巻とコンパクトにまとまっているので、まとめ買いして読んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

スポンサーリンク