【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

実は最近Kindleで電子書籍を読むのににハマっています。

なぜ今頃ハマっているのかというと、9月にアマゾンプライムビデオというHuluやNetflixのようなサービスが開始したのを知って、試しに登録してみようかと思ってAmazonを見ていて知ったのですが、アマゾンプライム会員になるといろいろ特典が付いているんですね。

その中にKindle本が毎月ただで読めるという特典がありまして、Kindle本を結構読んだのでその中から科学、コンピュータ、IT系の電子書籍でKindleで読める本をまとめました。まとめてみるとほとんどAmazonで星4~5がついているものばかりです。

最近理系ブームもあって、一般向けの理工書が増えていますが、簡単な本ばかりが増え、ほとんどが中身の無いものばかりになっている気がします。

今回は人気があるだけで中身のない本は選んでいません。読みごたえがあって、それでいて専門的すぎず、興味深い本だけを集めたので、きっと値段以上のものが得られると思います。(Kindle版は単行本より安いからという理由もありますが)

漫画ならこちらもオススメ:【おすすめKindle本】Appleを作った二人の”スティーブ”を描いた漫画「スティーブズ」が面白い!

スポンサーリンク

IT系読み物

人工知能・ディープラーニング関連の本

進化は加速している―。「生物の限界を超え2045年、人類はついに特異点に到達する」NHK BS特集『未来への提言』で紹介された、世界最高峰の発明家レイ・カーツワイルによる大胆な未来予測。

人類の希望か、あるいは大いなる危機なのか?「人間のように考えるコンピュータ」の実現へ、いま、劇的な進展が訪れようとしている。知能とは何か、人間とは何か。トップクラスの人工知能学者が語る、知的興奮に満ちた一冊。

脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す!自動運転車、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術…「自ら学んで成長する能力」を身につけた次世代ロボットは、人間社会をどのように変えるのか。

Google、IBMが推し進め、近年爆発的に進化している人工知能(AI)。しかし、その「進化」がもたらすのは、果たして明るい未来なのか?ビル・ゲイツイーロン・マスクすら警鐘を鳴らす「AI」の危険性について、あらゆる角度から徹底的に取材・検証し、その問題の本質をえぐり出した金字塔的作品。

スポンサーリンク