【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

本書には,アスキーアート化,自己生成,縛りのあるプログラミングなど,実用性を追求するだけでは出会えないテクニックが満載。プログラミングが好きな方はもちろん,プログラミングが苦手な方でも楽しめる遊びをIOCCC入賞常連の著者が紹介します。ちょっぴり不思議なプログラミングの世界をのぞいてみませんか。

スポンサーリンク

科学・テクノロジー関連読み物

脳科学・生命・化学関連の本

人生の成否を分けるのは「前向きであることのできる」性格によるものなのか?それは脳のどんな働きによるものなのか? 欧州最大の脳科学研究所を主宰するエレーヌ・フォックス博士が、驚くべき実験と調査の数々を明らかにする!科学の推理を楽しみながら、子育てや自分の人生にまで思いをはせることもできる、とびきり面白いポピュラーサイエンス。

脳科学というと、すぐに思い出すのが右脳と左脳の役割や海馬と記憶の話など。脳の機能を細分化した本はあまたあるが、脳本来の機能、全体像、歴史などを網羅した本は見当たらない。MRIの開発者で脳の機能を立体的に捉えられる著者による、脳の可能性とすべての人々が幸福に感じられる脳の役割を歴史的事実から紐解く。

意識の成立過程を追い「心」の全体像を探る。他者の心の存在によってはぐくまれる意識は、脳や心とどのようにつながっているのか。認知・脳科学の最新研究をふまえ、人間の存在の本質にスリリングに迫る。

生き物は必ず死ぬ。生命進化38億年の歴史のなかで、なぜ生命は死を獲得したのだろうか。ヒトはまた、死とともに長い「老い」の時間を授けられた。宿命ともいえるこの時間を、どのように生きたらよいのだろう。老化と寿命の生物学による知見から「老い」と「死」を捉え直し、自在に生き抜いていくヒントを考える

スポンサーリンク