コナミ「ウイイレとメタルギア以外はモバイルで」

コナミはトリプルAコンソールゲーム事業から撤退します。

追記:コナミ「ウイイレとメタルギア以外も作ります」

Konami stops developing AAA console games

http://www.geek.com/games/konami-stops-developing-aaa-console-games-1634483/

Konami_E3_2012-590x330

最近日本のゲームメーカー・コナミの周囲には不穏な空気が付きまとっています。メタルギア・シリーズをリリースしている一方で、そのメタルギアのデザイナー小島秀夫氏と袂を分かちました。この解雇、そして他にもコナミの意図に関する多くの疑問点があるなか、1つの答えが出されました。

PS4やXbox oneではもうメタルギア・シリーズはリリースされないということです。トリプルAコンソールゲームというのは、潤沢な開発費や広告費を投資し、さらにレビュアーからも高い評価を受けるゲームタイトルの事です。メタルギアのほかに、悪魔城ドラキュラサイレントヒル幻想水滸伝といったものが挙げられます。判明している例外は以下の2つがあります。まず、ウイニングイレブン。ユーロ2016チャンピオンシップのゲーム発売に向け、開発を進めるとのことです。メタルギア・オンラインも開発継続です。

metal-gear-solid-v-the-phantom-pain_2013_06-11-13_024-590x331

コナミはモバイルプラットフォームに方針を転換したようです。以前からそんな噂はありましたがm現実のものとなりました。前述の小島氏はこれを嫌ったのでしょう。コナミの元ワールドワイド・テクノロジー・ディレクター、Julien Merceronも、モバイルプラットフォームへの転換に賛同できず退社したとされています。

メタルギアやサイレントヒルといったヒット作は今後も開発されるでしょう。ですがもうスマートフォンやタブレットの中でしか会えなくなってしまうのです。小島氏がいようといまいとメタルギアソリッド6は出ません。5のような8,000万ドルスケールのゲームも出ません。

コナミにとって大きな転換ですが、業績悪化に伴い前々から検討されてきたことなのです。少なくとも、最新のメタルギアが高評価を得ているうちには撤退する予定だそうです。小島氏のようなキースタッフが解放され、新規事業に進めるようになったのは良い材料です。ゲームにとってはその方が良いのでしょう。

スポンサーリンク