未来の航空兵器。戦闘機にレーザー砲を搭載する試験が成功

未来の航空兵器はレーザーが主流となるのかもしれません。Lockheed Martin 社はすでに地上での指向性エネルギー兵器(レーザー)の試験を完了させていますが、昨日、2014年から2015年にかけて、戦闘機にレーザー砲を搭載する試験を60例成功させたと発表しました。

LOCKHEED MOUNTED A LASER TURRET ON BUSINESS JET

http://www.popsci.com/lockheed-tested-laser-turret-on-business-jet

imgID30079723.jpg-pwrt3

レーザーの出力は低いレベルに抑えたとのことですが、乱気流の影響に対応することが出来たという点で、実験は成功だったと言えます。同社のリリースによると、以下のように言っています。

「最新の航空力学と流路制御技術を使い、レーザーに及ぼす影響を可能な限り小さいものにしました。鏡を利用した補正装置によりレーザーは目標に向かって進みます。あとは乱気流によってレーザー光が弱まるのかをチェックするのみです。」

もし高出力での実験がうまく行けば、地上と同様にレーザー兵器を使う事が出来るようになるでしょう。

昨年、Lockheed Martin 社の最高技術責任者(CTO)が Popular Science 紙の取材に対し、航空レーザー兵器についてコメントを出していました。「超音速で飛ぶ兵器を作ろうというのです。戦場の様子が一変しますよ。」国防総省国防高等研究事業局(DARPA)と空軍研究所の支援を受けているこの計画は「Aero-adaptive Aero-optic Beam Control」と呼ばれています。現在の航空機の脅威は航空機ではなく、ミサイルやドローンです。従来の機関銃ではこれらに対応するのは難しく、レーザー砲塔が実現すれば、かつての機関銃の砲塔よりも確実に飛行機を守ってくれることでしょう。

スポンサーリンク