Lenovoが「さらに革新的」になったスマートフォンをアメリカ国内で7月に発売予定

lenovo_logo_ifa2014

スポンサーリンク

Lenovo社長が新型スマートフォンの発売を発表

Lenovoが今年の後半にアメリカ国内で新型スマートフォンを発売する予定であることが発覚しました。これはLenovoの社長 楊元慶 氏が「新型スマートフォンをMotoブランドで7月に発売する」とWall Street Journal紙(WSJ)の取材の中で発言したことから得られた情報です。Motoブランドというのは、2014年にLenovoが買収したモトローラ社の製品に与えられたブランドで、Lenovoの展開する商品の内ハイエンドのモデルに使われることになっています(逆にエントリーからミドルモデルは「Vibe」)。

今回の取材の中では詳細について触れることは避けたようですが、WSJでは以下のように伝えています。

「楊社長の語ったところによれば、Lenovoはアメリカ国内のスマートフォン市場に浸透するため、モトローラブランドを活用するつもりだ。『もっと革新的でもっと魅力的な』デバイスを7月にアメリカのユーザーにお届けすると彼は取材の中で応えている」

また、同じ記事の中で楊社長は最大シェアを誇るアップルの今後についての見解も述べています。

「楊社長の私見ではアップルはアメリカ市場では頭打ちに達すると見ている。反対にAndroidにはまだまだ成長の余地があるとも考えているようだ。『アップルはすでにアメリカ市場の50%以上のシェアを持っているんです。これ以上期待できますか?私はそうは思わない。Androidがシェアを伸ばすに違いありませんよ』」

Via: Lenovo preparing a ‘more innovative’ Motorola smartphone for a July launch

スポンサーリンク