今年の10月以降に有機ELタッチバーを搭載した新型MacBook Proが登場か

macbook-pro-retina-mf840lla

スポンサーリンク

新型MacBook Pro発売の予想

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、今年の後半、アップルは全く新しいMacBook Proを発売するだろうとの予想を発表しました。

これまでにもApple製品の動きを高確率で的中させてきた実績のあるKuo氏の予想では、新型MacBook ProはiPhoneに搭載されている指紋認証機能「Touch ID」をサポートし、キーボード上部にあるファンクションキーが有機ディスプレイ製のタッチバーになり、これまでの製品よりも「薄くて軽い」仕様になります。

発売は2016年の第4四半期

Kuo氏はこのMacBook Proのアップデートを「2016年に発売されるアップル製品関連の最も明るい話題」としており、2016年の第4四半期には現行の13インチ版と15インチ版の両方で新型が発売されると予想しています。

また、ファンクションキーが有機ELタッチバーに入れ替わる一方、ヒンジ部分には新しい金属射出成形の型を採用します

サポートされるであろうポートは、USB-CThunderbolt 3になります。

MacBookシリーズを再編成する計画か

13/15インチMacBook Proのアップデートに加え、アップルは新型13インチMacBookも発売する予定です。

この新型MacBookは12インチのRetinaに類似した製品となるようですが、こちらはつい先日パフォーマンスを向上させるアップデートがあったばかりです。

この動きに関してKuo氏は、MacBook Airをエントリーモデルとして扱い、MacBookをミドルクラスMacBook Proをハイエンドとして再編成を行いたいのではないかと話しています。

Via: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク