伝統と先端技術の融合 宙に浮かぶ「エア盆栽」

bonsai

スポンサーリンク

磁石の力で宙に浮かべるエア盆栽

磁石で物を宙に浮かべた商品はそれだけで近未来を連想させます。それが日本の園芸芸術「盆栽」であっても。Kickstarter上の「Air Bonsai」プロジェクトは磁気浮遊(リニアモーターカーにも使われている技術)、小さな植物、そして日本の「ものづくり」の精神を融合させたもので、植物の生育に必要なものは全て宙に浮かぶ球体の中に入っています。すでに目標の80,000ドルに到達していますがまだまだ購入を受け付けており、スターターキットは約2万4,000円(200ドル)となっています

発送は九州福岡県から

国境を越えて植物を移送するとなると検疫をクリアしなければなりません。そのためアメリカのユーザーは現地で採れる松の木を使うことが多くなりそうですが、松以外の植物であっても植えることは可能です。発送は九州(地図から判断するに北九州市)から発送されますので、日本国内であれば検疫は関係ありません。

選べるデザインと材質

この製品は磁場を発生させるための「energy base」という土台部分と、宙に浮かぶ「little star」とで構成されています。Little starには別売りのハイグレードバージョンもあり、特に溶岩でできたものが人気だそうです。Energy baseのデザインは4種類から選ぶことができ、お値段は張りますが10,000ドルのコースで注文するとここでしか手に入らないオリジナル座布団も付属されます。現在商品の生産を進めており、発送は2016年の8月を予定しています。

Via: Floating Bonsai trees are better than floating speakers

スポンサーリンク