デバイスの故障のうち85%はAndroidデバイスで起こることが判明 iOSデバイスはわずかに15%

iphone6plusgs6shootout-03498

スポンサーリンク

やはり優秀なiPhone

全機種が高性能なiPhone。

エントリーモデルからハイエンドまで幅広いバリエーションのあるAndroid。

iPhoneとハイエンドAndroidのどちらを選ぶべきかは、もはや個人の趣味のレベルでしかないでしょう。

少なくとも、表面上はそう思えます。ですが少しだけ詳しく見ていくと、まだまだiPhoneは強いということがわかります。

携帯デバイスの不具合の85%はAndroidデバイス

先日公開された調査報告によりますと、2015年の第4四半期に報告されたモバイルデバイスの故障件数のうち、85%がAndroidデバイス、15%がiOSデバイスでした

企業別に見ますと、一番多いのが27%のサムスン。次いでLenovoが21%、Motorolaが18%、Xiaomiが11%となっています。

android-vs-ios-reliablity

機能別の不具合発生率

故障の原因別に見ていくと、カメラ関連が10%、タッチスクリーンの故障が9%、充電関係が8%、マイクの故障と全体的なパフォーマンスの問題が6%ずつとなっていて、これら5つの原因だけで全体の約40%を占めています。

ios-android-issues

不具合の発生率は「地域差」あり 日本では?

原因は不明ですが、地域によってどのような故障が起こりやすいかには差があるという調査結果が得られています。

たとえば北米では、カメラとパフォーマンス関連の故障だけで全体の25%を占めます。

ですがヨーロッパでは、トラブルの56%が電波の送受信や電話をかける機能の不具合です。

そしてアジアではどうなのかと言いますと、なんと調査したデバイスの50%では「なんの不具合も見られなかった」そうです。

ヨーロッパでは2015年の第3四半期から第4四半期にかけて不具合の発生率が約2倍になった(14%から29%)との報告もあるので、このままアジアの故障率が低い状態が続くのかはわかりませんが、日本国内のユーザーとしてはなかなか安心できるニュースではないでしょうか。

Via: BGR

スポンサーリンク