Microbot Push:実用性抜群のワイヤレス指ロボット

Naran という韓国のスタートアップが、手で押すタイプのスイッチ操作を自動で行ってくれるガジェットを開発しました。

Meet Microbot Push, a home automation gadget lazy people will love

http://bgr.com/2015/11/05/internet-of-things-microbot-push/

micropush

スポンサーリンク

その名は「Microbot Push

このガジェットは「Microbot Push」という名で、手動スイッチを押してくれるワイヤレスの「指」ロボットです。スマートフォンのアプリから Bluetooth 経由で指示を出すことができます。

何が出来るのか

例えば朝にコーヒーマシンのスイッチを入れておくとか、電灯を自動で点けたり消したりといったことが可能になるのです。ですがまだまだ、Microbot Push の機能はこんなもんじゃありません。IFTTT のようなサービスの流れを汲み、ユーザーの家財道具に合わせた細かい動きをさせることができるのです。たとえば、室温がある気温以上になった時に自動でエアコンのスイッチを入れるように設定できます。他にも、コーヒーマシンを起動するときに「コーヒーの時間です」というメッセージを送るようにもできますし、帰宅したときにリビングの灯りを点けるようにも設定できます。

このガジェットの現在

映画や小説の中に出てくる未来の道具はとても魅力的ですが、実用性は、というとまた別問題です。一方で Naran の開発しているガジェットは、まぁ確かに派手さはないですがしかし、実用性は抜群です。

Microbot Push が実現するまであと少し。アメリカのクラウドファンディングサイト「Indiegogo」でのキャンペーンが11月9日から始まります。欲しい方は出資してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク