マイクロソフトがiOS版のキーボードを提供 親指1本で操作できる扇形の配置

ioswordflow-22.0.0

スポンサーリンク

Windows phone のキーボードがiOSに導入される

Windows Phoneの強みと言えば、他のプラットフォームよりも正確で扱いやすいことに定評のあるキーボードシステムが挙げられます。そしてマイクロソフトが現在Windows Phoneで使われているキーボードシステムを他のプラットフォームに供与する予定であることが判明しました。その第一弾として、まずはiOS版から始めるようです。既に社内ではiOS用キーボードの初期型版の試験を行っており、じきに一般のテスターに公開する予定です。

片手での操作を前提としたキー配置

詳しい情報筋によりますと、このiOS版キーボードは片手操作を前提としたものであるそうです。Windows 10 Mobileキーボードにも「片手操作モード」がありますが、それともまた違うものです。片手操作モードは画面の端、両方で操作が出来るというもので、左右どちらの手でも操作ができます。画面端にキーボードが移動してコンパクトなキーボードをつくるという仕組みですが、iOS版「Word Flow」では扇形にキーが再配置されていて全てのキーが親指の届く範囲にあります

ioswordflow-24.0

Windows Phoneのキーボードの特徴を継承 Android版は今年の後半にも

片手操作モード以外の点ではiOS版Word FlowとWindows Phone版とは非常によく似ていて、予測変換、絵文字、スワイプといった機能は健在です。マイクロソフトは来月にもiOS版をリリースしたい考えで、Android版は今年の後半を予定しています。

Via: This is Microsoft’s iPhone keyboard

スポンサーリンク