アップルが作曲支援アプリ「Music Memos」をリリース Voice Memosよりも作曲活動がしやすくなった

音楽のアイデアはふとした時に頭に浮かびすぐに消えてしまいます。ですので思いついたらその場で書き留めておかないといけませんが、そのためにiPhoneの録音機能を使うミュージシャンも多いようです。アップルはそんな人たち向けに作曲支援アプリ「Mesic memos」を開発しました。これまで使われていたVoice memosよりも作曲支援に力を入れたアプリです。

Apple releases new ‘Music Memos’ iOS app for songwriters

http://9to5mac.com/2016/01/20/apple-music-memos-app/

music-memos

スポンサーリンク

世界中の作曲家を支援するためのアプリ「Music Memos」が登場

アップルは先日、iOSデバイス用アプリ「Music Memos」をリリースしました。このアプリは作曲家が手軽に音声を録音して曲の構想を練るために作られました。アップルのプレスリリースによると、このアプリは多くの作曲家が長い間「Voice Memos」アプリを使って、音声という形でアイデアをiOSデバイスに保存していたことにインスピレーションを受けて開発されました。

「世界中のミュージシャンや作曲家がiPhoneのVoice Memosを使ってアイデアを書き留めており、多くのヒットソングがここから生まれました。新たにリリースしたMusic MemosはVoice Memosにインスピレートされて開発されたアプリで、作曲したり構想を練ったりするために設計された、作曲家にとって使いやすい機能を追加することで機能性を向上させています。Music MemosではiPhoneの内蔵マイクを使って、どんな楽器の音でも高音質・非圧縮のフォーマットで保存でき、ファイルの名前を変更したりタグを付けたり、あるいはレーティングしたりして『アイデアのライブラリ』を作ることができるのです」

作曲活動を支援する様々な新機能

これまでのVoice Memosと同様、Music Memosでは短い音声をすぐに録音できますが、現在弾いているコードを表示する「自動ノーテーション機能」などの新機能を作曲家向けに追加しています。そしてGarageBandやLogic Proといったアプリにあったような、ユーザーが弾いている音声を分析して自動で他のパート(ドラムやベース)を追加して曲にしてくれる機能も搭載しています。そして画面の右上隅にビルトインチューナーも実装しています。

Music Memosをインストールして実際に作曲活動に入ると、全てのデバイスからGarageBandやLogic Proを通して録音したデータにアクセスできるようになります。また、録音データを共同作曲者に送ってシェアしたりApple Musicに投稿してもらったり、あるいは自分で直接Apple Music Connectのアーティストプロフィールページにシェアすることもできます。すでにApp Storeからダウンロードできますので、興味のある方は各自お試しください。

こちらがiPhone上でのMusic Memosの画面

music-memos-iphone-01 music-memos-iphone-02 music-memos-iphone-03 music-memos-iphone-04

そしてiPad

music-memos-ipad-02 (1) music-memos-ipad-02 music-memos-ipad-03

スポンサーリンク