海水でつくる三菱製アンテナ「SeaAriel」 地デジ放送にも対応

seaaerial-antenna

スポンサーリンク

海水を使ったアンテナを三菱が開発

電波の送受信に欠かせない設備であるアンテナ。携帯電話に内蔵されるセンチメートルサイズの物から、電波望遠鏡に使われる数十メートルから数百メートルになるものまで様々なサイズのアンテナがありますが、いずれにせよ金属を加工して作られています。このたび三菱がそのどれとも似ていない新しいアンテナを開発しました。従来のアンテナは金属部分で電波の送受信を行っていましたが、三菱の「SeaAerial」は海水を高く放水して水柱を作ることで電波塔とアンテナを再現し、電波を送受信します。三菱によると、SeaArielは地上デジタル放送を受信できる世界初の海水アンテナだそうです。

ポンプとノズルさえあればOK 将来的には地上でも

seaarial2

アンテナとして機能するためには海水を水柱にしなければならないので、三菱の開発チームは専用ノズルを開発しました。電波の送受信に最適な水柱の直径を検討しなければならず、調整の結果70%の効率を達成しました。SeaAerialはポンプとノズルの2つの部位のみで構成されているので、海水さえ手に入るのならどんな場所でも設置できます。三菱は将来的には海岸や海上、さらには海水をどうやって供給するかさえ克服できれば地上でも使えるようになるだろうとしています。

Via: Mitsubishi’s SeaAerial is an antenna made of seawater

スポンサーリンク