小型のモバイルプロジェクターのおすすめを比較!

最近、バッテリー性能の向上も相まって次々と登場しているのが小型で持ち運びが可能な「モバイルプロジェクター」です。

モバイルプロジェクターが登場した当初はバッテリー駆動のためもあり、光源が暗く部屋を暗くしないと使えないようなものがほとんどでしたが、最近になってコンパクトなサイズのまま明るさが大幅に向上した小型プロジェクターが登場してきています。

今日はそんなモバイルプロジェクターのおすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。

また、家庭用のホームシアターとしてプロジェクターがほしいという方はホームシアター用プロジェクターもご覧ください。

スポンサーリンク

プロジェクターの選び方

ここまでで、おすすめのモバイルプロジェクターを紹介しましたが、今後自分で探す際に役立つかもしれないプロジェクターの選び方についてすこし紹介します。

明るさ(ルーメン値)で選ぶ

これはプロジェクターを選ぶ際にまずはじめに見てもらいたい数値です。

特にビジネス用途などで小型のモバイルプロジェクターを検討している方は明るさにこだわって選んでみると良いと思います。

プロジェクターの明るさを表す数値としてルーメン(lm)という値があります。これは普通のビジネス用プロジェクターだと2000lmを超えるものが多いのですがモバイルプロジェクターの場合、下は25lmくらいから上は800lmほどまでかなりばらつきがあり、100lm前後のプロジェクターの場合は暗くした部屋で、更に数人程度の会議など投影距離が短くなる場合にしか使えないと思っていいと思います。

ただ、明るさが明るい機種はそれだけバッテリーも使いますし値段も高くなります。また、明るすぎると目が疲れるといった場合もありますがモバイルプロジェクターの場合、はじめから大型のプロジェクターに比べて輝度が低めなのでなるべく明るさの明るいものを選んだほうが後悔は少ないと思います。

解像度とは

解像度は以下のような種類があり、下に行くほど解像度は高いです。

解像度(最大) 総画素数
VGA 640×480
SVGA 800×600
XGA 1024×768
SXGA 1280×1024
WXGA+ 1440×900
UXGA 1600×1200
WUXGA 1920×1200
(フルHDサイズ)
QXGA 2048×1536
4K 3840×2160

また、WXGAといった場合1280×768、1280×800、1366×768ピクセルのいずれかのことを指します。

スポンサーリンク