格安SIMを提供するMVNOの通信速度の開示でより選びやすく

日経新聞によると、格安スマホの普及を後押しする総務省は、2017年度内にも通信事業者への通信速度の開示要請を行います。

これによって、通信速度や料金を比べて選ぶことができるようになるため、各MVNOの提供するプランの違いがわかりやすくなり、格安スマホを選びやすくなります。

スポンサーリンク

総務省、格安スマホ・格安SIMの通信速度の開示要請へ

格安スマホ格安SIMとはNTTドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアではなくMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者が提供する通信サービスのことで、MVNOは大手キャリアから通信に使うネットワークを借りてSIMカードを提供しています。そのため通信速度は大手キャリアより遅くなりますが、その分料金は半額以下と安くなっているのが特徴です。

現在格安SIM市場には現在600社以上ものMVNOが参入していて、格安スマホの通信速度は事業者が使っている設備や借りている帯域によって変わり、早いところと遅いところでは最大で10倍以上の開きがあるといいます。

そのため、利用者は格安スマホに切り替えることで通信速度が大幅に遅くなってしまうのではないかという不安がありました。

ドコモ、au、Softbankの3社はすでに総務省の要請を受けて全国1500箇所で通信速度を測定してホームページ上で公表しています。

今回、総務省は格安スマホ、格安SIMを提供するMVNOにも同じような測定基準で通信速度を公表することを要請するといいます。

通信速度がわかるようになれば、格安SIM事業者のサービスを客観的に比べることができるようになるため、質のいいMVNOに乗り換えやすくなるだけでなく、質の悪い事業者の淘汰につながります。

また、総務省はさらに今年の8月からスマホを他の会社の回線で使えないようにする「SIMロック」の解除を現在の「購入から180日後」から「購入から100日後」に短縮するといいます。

nikkei.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク