任天堂がWii Uの生産を今年末に終了する可能性が浮上?任天堂側は否定

nitendo

スポンサーリンク

Wii U生産中止は誤情報と任天堂は説明

ユーザーが思っていたよりも早くWii Uが姿を消すことになるかもしれない、というニュースが報道され、任天堂側が即座に否定するという一幕がありました。

Wii U生産中止の一報を嗅ぎつけて記事にした海外メディアも多数あり、混乱を招いています。

一部には、「任天堂は新型ゲーム機『NXシステム』の開発に注力するためにWii Uを打ち切るのだろう」といった憶測も流れていますが、これは新型ゲーム機を求める声がユーザーの中に根強いことの表れとも見られています。

というのも、Wii UはWiiの正当な後継機として開発されましたが、タッチスクリーンを組み込んだ独特なゲームパッドを採用したり、パフォーマンスが「中途半端に」向上したりした結果、多くのメーカーから敬遠されることになってしまいました。

それゆえWiiほどのサードパーティの開発したヒット作に恵まれず、主なヒット作は「スプラトゥーン」や「スーパーマリオメーカー」といった任天堂開発のソフトが中心になっています。

生産中止の第一報からわずか8時間後に否定

さて、Wii U製造中止の第一報を報じたのは日経新聞ですが、その約8時間後に任天堂広報担当からそれを否定する発表がありました。

4月27日に行われる決算発表会でも、Wii U以外のゲーム機を含めた年間の販売予定数を発表する予定とのことです。

Wii UがWiiに比べて販売台数が伸び悩んでいることは事実ですが、まだまだ製造中止にはならないようです。今後も先ほどの2作品のようなヒット作が生まれることに期待しましょう。

スポンサーリンク