日産のコンセプトカーは車内全部がディスプレイ!?

未来の車がハイテクの塊であることは疑う余地もないでしょう。それが日産の手にかかると、カスタマイズ可能ディスプレイに覆われることになります。

Nissan’s concept car is covered in displays for the selfie generation

http://www.engadget.com/2015/10/05/nissan-teatro-for-dayz-concept/

nissanlead

日産は今月末の東京モーターショーで、コンセプトカー「Teatro for Dayz(テアトロフォーデイズ)」を出展します。内装のほとんど、外装も一部LEDパネルで覆った車です。日産の目標は、この車を若者世代にとって魅力的なものにすることです。そのために、乗っている時間を「友達とつながって体験を共有できる時間」にできる車を設計しました。もちろん、運転には集中しつつですよ。

nissan-teatro-6-1 nissan-teatro-7-1 nissan-teatro-9-1

そのために、車内に設置されたカスタマイズ可能なパネルを使います。ナビ、テレメトリー、ソーシャルアプリといった機能の他、見た目を変えて革や草のようにもできるんです。シート、ヘッドセット、ドアトリムやダッシュボードに画像が映し出され、乗っている人の目を楽しませてくれます。外側に目を向けると、LEDパネルで見た目を変える事が出来るのはもちろん、充電状況と言った情報を表示させることも出来ます。

パネル上にはノブやボタンの類はありません。エアコンやオーディオは音声コントロールでの起動になり、ドライブデータはドライブモードの時のみ表示されるようになります。回転シートやインテリアパネルというのは、どこかで聞いたことがありますね。Mercedes-Benz F015が、ドアにディスプレイを搭載するというコンセプトを発表したのを覚えている人もいるのではないでしょうか。今回、日産は移り変わるドライバーの気持ちを反映する車を作ったという点で、Mercedes-Benz F015をはるかに超えたと言う事が出来るでしょう。ただし。くれごれも安全運転をお願いしますね。

nissan-teatro-21-1 nissan-teatro-14-1

スポンサーリンク