iPhoneへの有機ELの導入はこれまで言われてきた2018年ではなく2017年に前倒しになる可能性が浮上

iphonedisplay

スポンサーリンク

iPhoneへの有機ELの導入が1年前倒しか

有機ELを搭載したiPhoneを2017年にリリースすることを目指し、アップルが開発を進めているという情報が伝えられました。これまで2018年のリリースを目標としていると言われていましたが、1年前倒しになった模様です

昨年の12月にアップルは、iPhone 2017年モデルのための有機EL製造に関してLG社とサムスンにコンタクトを取りました。

ですが有機ELは「iPhone 7 Plus」や「iPhone Pro(次世代5.5インチiPhone)」といったハイエンドの機種にのみ搭載されると見られています。

アップルはサムスンの曲げられる有機ELディスプレイに興味を示しており、将来的にiPhoneに使うことを考えています。

iPhoneの人気に陰りが見られている中、より鮮やかな表示のできる有機ELを採用することでテコ入れしたいという意志もあります。

2018年の有機EL量産を目指しているジャパン・ディスプレイに向かい風

冒頭で触れたとおり、アップルは有機ELを2018年に導入することを計画していると言われてきました。

日本のディスプレイメーカー「ジャパン・ディスプレイ」は2018年から有機ELの大量生産を開始すると発表していましたが、サムスンは年内にも有機ELディスプレイを月に45,000枚製造するとしています。

ジャパン・ディスプレイには向かい風となりますが、今後の経営戦略への影響などははっきりしていません。

Via: MacRumors

スポンサーリンク