OS Xのシステム環境設定画面で使わないアイコンを非表示にする方法

hide-system-preference-panels-os-x

スポンサーリンク

使わないアイコンは非表示に

Mac OS Xで「システム環境設定(System Preferences)」を開くと、普段は滅多にクリックしないアイコンが並んでいます。

この画面からクリックするアイコンは限られたものでしかなく、それ以外は必要なアイコンがどこにあるのかわかりにくくする邪魔者でしかありません。

このような邪魔者は非表示にしてしまうのが一番です。今回はその方法をお伝えします。

アイコンを非表示にする手順

システム環境設定を開き、「カスタマイズ」からアイコンの表示/非表示を切り替えることができます。

以下、実際の手順です。

  1. システム環境設定画面を立ち上げる
  2. メニューバーの「表示」→「カスタマイズ」をクリックする
  3. 非表示にしたいアイコンのチェックを外して「完了」をクリックする

無事完了すると、下の画像のようにすっきりした画面になります。

system-preferences-alphabetic-organization

「カスタマイズ」は呼び出すには、メニューバーからの他にも「すべてを表示」をクリックする方法もあります。

この時に呼び出されるオプションの一番下にありますので、お好きな方から選択してください。こちらの方法は下の動画で実際の画面を確認できます。

この方法の優れた点は、アイコンを非表示にしてもアプリがアンインストールされるわけではなく、非表示にしたアプリでも検索ボックスや表示メニューから直接起動することができ、またいつでも表示/非表示を切り替えられるという点です。

使わないアイコンに溢れた画面をすっきりさせて、使い勝手の良いMacマシンにしてみてはいかがでしょうか。

Via: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク