パナソニックが世界初の電子レンジサイズIHオーブンを開発

panasonic-countertop-induction-oven

スポンサーリンク

世界初の電子レンジサイズのIHオーブン

IH調理器具は新米シェフの強い味方です。

予熱しておく必要がほとんどありませんし、電気代も安く、しかも火を使う調理器具よりも安全です。

IHオーブンがあればこれまでのような大きなサイズのオーブンは要らなくなりますが、一人暮らし用のアパートなどの台所が狭い家では大きすぎて、かえって使いづらいということも多々ありました。

そこに目を付けたのがパナソニックです。パナソニックは世界初の、台所のカウンターに置ける電子レンジサイズのIHオーブンを開発しました。

電子レンジサイズと言う小型でありながら、バーベキューで作るステーキにも劣らない味を引き出すことに成功したのです。

panasonicinduction-5

発売は10月以降 お値段は約7万円

この新型IHオーブンの発売は今年の10月以降になります。

価格はCNETによると600ドル(約7万円)。中の調理プレートは30センチ×36センチ、中心にいくほど高温になりますので温度による使い分けもできます。加熱の際は鶏肉、野菜、魚、冷凍ピザ、トースト、ベーグルなど素材に合わせたモード設定が可能です。魚などの脂を受けるトレーも下にありますので、グリルとしての機能も万全です。

昔ながらのオーブンにこだわりがあると言うのならまだしも、もっとコンパクトで安全なオーブンが欲しい方には、これ以上ない朗報ではないでしょうか。

Via: Engadget

スポンサーリンク