自分を捨てた父に対する少女のコメントが素晴らしすぎる!

人生においてはいつも直球が来るとは限らず、想定しない事態も多くあります。みなさんも私同様、こういった経験があるかと思います。徹夜で勉強したのに試験に合格できなかったり、秘めた恋心をやっと決心して告白したのに玉砕したり、電車が遅れたせいでずっと就きたかった仕事の面接に遅刻してしまったり…。こういったことは日常茶飯事で、私たちは受け入れて生きていくしか方法はありません。しかし、思いもよらない人から不当な扱いを受けたとしたら、どうしますか?

You’ll Be Stunned: Daughter Abandoned By Father Comments On His New Life

http://www.lifehack.org/306044/youll-stunned-daughter-abandoned-father-comments-his-new-life

スポンサーリンク

今回はそんな少女の話です。彼女は幼い頃父親から捨てられました。彼女の父は、妻である彼女の母と彼女を捨てて消えてしまい、母は女手一つで彼女を育てなければなりませんでした。彼女の父は変な時にひょっこりと現れることはありましたが、そのうちまたどこかへ行ってしまいました。

この男は、自分の子孫に経済的安定を与えるという常識的な品位を持ち合わせていなかったのです。さらに養育費の支払いを避けるために親権を放棄することを主張し、母親もそれを認めてしまいました。今日では、こういった事態は怒りを覚えますが珍しいことではありません。しかし、事態に対する少女の大人な対応に今注目が集まっています。

共通の知り合いを通して、母親がこの父親が落ち着いて新しい家庭を築いたと知った時、彼女はこの無責任な父親に対する激しい怒りで血が煮えたぎるのを感じました。しかしこの少女(当時たった11歳)はまったく違う対応をしたのです。

家に帰る途中、母親が驚いたことに少女は、怒ったり、傷ついたりする代わりに微笑んでこう言ったのです、「やっと父親になるっていうことがどういうことかわかったのね」。母親はその時、必要なのは許すことだとわかったのです。

少女の純粋さに心打たれて私はこの話を書くことにしました。彼女とは違って私は父親を許せません。大人として、父親として子供を育てるのに何が必要か私にはわかっています。しかし、私はいったいどんな立場で彼に対して怒ればよいのでしょう?この犯罪のいちばんの被害者である少女怒ってないなら、そして彼女の母親(彼女もまた無責任な父親の被害者でもある)が水に流すと言っているなら、私は何のために怒らなければならないのでしょう?この話を聞いて、私は「許し」に対してまだまだ学ぶことがたくさんあるとわかりました。これを読んだみなさんも同じように許しを学び、人としてもっと成長できるんだということをわかってほしいと思います。

以下少女の母親のFacebookより

私の娘は4歳の時から生みの父親に会っていません。彼女は今11歳です。彼女が2歳の時、父親が私に連絡をしてきて、養育費を払いたくないから親権を放棄したいと言い、私はそれを認めました。

気まぐれに現れては消える父親に頭を悩ませることから娘を救いたいと思っていましたし、彼が二度と娘を落胆させることがないと思うと、養育費がなくなるダメージもその価値があると思ったからです。父親がどこへ行ったとか、父親がどんな人だったか、娘に対して嘘をついた事はありません。娘がしてくる質問には全て、彼女の年齢に最もふさわしいと思うように答えてきました。

娘が4歳になった時、父親がまた連絡してきて癌の宣告を受けたので娘に会いたいと言ってきました。私たちは日にちを決めて公園で会うことにしました。彼は当初、2時間一緒にいたいと言っていましたが、20分いただけで、さらにそれ以来何の連絡もなくなりました。

そして今年の夏、父親を知る友人にばったり会った時、友人たちは娘を見て「彼の他の子供とそっくり」だと言いました。友人たちによると、父親は今では落ち着いて、家庭を持っているそうです。この事実が娘にとってどんなに傷つくことだろうと考えただけで、私の胃はキリキリと痛みました。私は手短に会話を終え、その場を離れるために車に乗り込んだ時、娘が微笑んでいるのを見たのです。そして彼女はこう言いました、「ママ、彼も、父親になるということがどういうことかわかったのね。すごくいいことだね。彼の子供のためにも、私、嬉しいよ」と。たった11歳の少女が、許しとは何か、私に教えてくれた日でした。

スポンサーリンク