超薄型スマートウォッチ「Time Round」がPebble社から登場

Pebble社は、スマートウォッチ黎明期に活躍したメーカーの一つです。その成功の陰には、Kickstarterの力がありました。

Pebble announces the super-thin Time Round smartwatch

http://www.geek.com/news/pebble-announces-the-super-thin-time-round-smartwatch-1634843/

pebble-time-round-590x330

Pebble社は今年始め、カラー画面を搭載した「Pebble Time」をリリースしました。そして今、まるで今までの腕時計のような姿をした新製品開発に向けた次のステップに踏み出しています。その新製品の名は「Pebble Time Round」。名前の通り、丸いフォルムを持つスマートウォッチです。

文字盤は直径33.5mm。スクリーンは中心部にのみあります。その周囲に秒針用の目盛りのついたバンドが付いています。Alcatel社が数か月前に出したスマートウォッチを彷彿とさせますね。「世界で最も薄い、厚さ7.5mmのスマートウォッチ」をPebble社は謳っています。ちなみに、Apple Watchは10.5mm、新型Moto 360は11.4mmです。
ディスプレイはこちらも「color e-paper」。ということは、Pebble Time Roundは他のスマートウォッチに比べてバッテリー消費が激しいという事ですね。大丈夫なのかと一瞬心配しましたが、どうやら思ったほどではないようです。これまでのPebbleウォッチは1回の充電で1週間ほど稼働しましたが、Time Roundは2日です。これでもまだApple Watchよりも1日ほど長くなっています。Pebble社としては、長所の1つと割り切っているようですが。Pebble Timeのヴォイスアクション、お知らせ機能、タイムラインUIといった機能は全て継承しています。

そしてPebble Time Roundは、男性向けと女性向けの2つのヴァージョンが発売になります。両者の盤面の大きさは同じですが、ベルトの太さが男性用は20mm、女性用は14mmになっています。どのヴァージョンも、事前予約は249.99ドルです。手元に届くまでは大体6~8週間ほどでしょう。

関連記事

超小型スティックPCのレビューをまとめて比較!使い方とおすすめを紹介

スポンサーリンク