BashがWindowsにやって来る

スポンサーリンク

bashがやってくる

bash-is-coming-to-windows-970x546-c

マイクロソフトはこのところ益々オープンソースソフトウェアに注目し選択肢に含めるようになってきています。そういう流れがあったので、マイクロソフトがBuildカンファレンスのキーノートで、Ubuntuの開発元のCanonicalと組んで、BashをWindows 10 移植すると発表してもそれほどの驚きはありませんでした。

Bash シェルは unixベースのOSで Bourne shell の代替(だから Bourne Again Shellで bash)として1989年に作られ、Mac OS Xでも、ほぼすべてのlinuxでも採用されたので、今では標準 shell の地位を占めるようになっています。覚え易く、汎用性に富んでいたので、色々なところに広まっていました。但し Windows以外では、でした。今までは、です。

マイクロソフトの Bash は只のギミックではありませんし、良く出来た偽物という訳でもありません。コマンドラインから直接ファイルシステムのアクセスできますし、良く使われている Bash のユーティリティもサポートしています。

なんと emacsも

そのユーティリティには人気のあるコード、テキストエディタの emacs も含まれています(ワオ!)。Buildでの機能の紹介で MSのKevin Gallo が実際に動くところを見せました。Unix由来のBashにコマンド群に寄りかかっている linux ユーザには大いに受けることでしょう。

スポンサーリンク