アメリカ海軍の潜水艦狩りドローン艇、この夏外洋へ発進

スポンサーリンク

海にも広がるドローンの舞台

ドローンは空で大活躍していますが、アメリカ海軍が新しく開発した無人船よって、外洋をもその活躍の場に拡げてようとしています。新しいビデオは、DARPA(国防高等研究所)によって、自律水上艦艇が夢から現実になったところを見せびらかしています。この無人艦艇は大洋の深海に潜む潜水艦を追尾することを期待されています。

ACTUV 外洋へ

US_Anti_Sub_Drone_Boat

ドローンは空で大活躍していますが、アメリカ海軍が新しく開発した無人船よって、外洋をもその活躍の場に拡げようとしています。新しいビデオは、DARPA (国防高等研究所)によって、自律水上艦艇が夢から現実になったところを見せびらかしています。この無人艦艇は大洋の深海に潜む潜水艦を追尾することを期待されています。

ACTUV 外洋へ

これはまだ極初期のプロトタイプですが、将来的には無人船の艦隊、 Anti-Submarine Warfare Continuous Trail Unmanned Vessels(対潜水艦戦継続監視無人艦艇戦隊、略してACTUV、アクティブと発音するようです)、となり得る能力を持っていることを実証するためのものです。この全長132フィートの艦艇はオレゴン州ポートランドでの試験(アメリカ海軍でも公試と呼んでいいのでしょうか)では最大速度27ノットを記録しました。これで無人艦艇はこの夏にカリフォルニア沿岸から外洋に発進する準備が整ったようです。ドローン船の公式の命名式(進水式)はまもなく四月七日予定されています。海軍関係者は静粛なジーゼルエレクトリック潜水艦を執拗に追跡することに特化した無人艦艇の前途に随分と興奮しているようです。
(実際に喜んでいるのは財政造船関係者だけかも知れません。なんといっても無人化すればポストが減りますからね。)

潜水艦を追い駆けるだけでなく、この無人艇ACTUVには多くの運用形態が期待されています。他の船への物資輸送、機雷掃海、大規模作戦での補給補助といったものが無人艇遂行されるようになるでしょう。特に乗り込み員無しで三ヶ月特定海域に留まって居られる能力に期待が持たれています。

予備試験

actuvsub-619-316

スポンサーリンク