Googleロゴの「ビーロー ラースロー」ってだれ?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-0-55-30

本日のGoogleのトップロゴは「ビーロー ラースロー」の生誕117周年を記念して上のように変更されていますね。

ビーロー・ラースローという人物は知らない人が多いと思いますが、彼はボールペンを発明した人物です。

スポンサーリンク

ビーロー ラースローって?

ladislao_biro_argentina_circa_1978

ビーロー ラースロー(1899年9月29日-1985年10月24日)はハンガリーの発明家でボールペンを発明したことで有名な人物です。

彼はもともとはハンガリーでジャーナリストとして働いていましたが、ある時、新聞の印刷に使っているインクは乾くのが早いため、滲まないことに気づきました。

当時、字を書くときは万年筆を使うのが主流でしたが、ペンの構造上にじみやすかったといいます。

そこでその滲まないインクを万年筆に入れて使おうとしましたが、今度はインクの粘性が強すぎてペン先までインクが届かずかけないことがわかります。

そこでビーローは化学者であった弟のジョージにこの話を持ちかけ、共同でこれに取り組み、ついにソケットの中でボールが自由に回転するという仕組みを開発します。

スポンサーリンク