Googleロゴの「ビーロー ラースロー」ってだれ?

この記事をSNSでシェアしよう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-0-55-30

本日のGoogleのトップロゴは「ビーロー ラースロー」の生誕117周年を記念して上のように変更されていますね。

ビーロー・ラースローという人物は知らない人が多いと思いますが、彼はボールペンを発明した人物です。

スポンサーリンク

ビーロー ラースローって?

ladislao_biro_argentina_circa_1978

ビーロー ラースロー(1899年9月29日-1985年10月24日)はハンガリーの発明家でボールペンを発明したことで有名な人物です。

彼はもともとはハンガリーでジャーナリストとして働いていましたが、ある時、新聞の印刷に使っているインクは乾くのが早いため、滲まないことに気づきました。

当時、字を書くときは万年筆を使うのが主流でしたが、ペンの構造上にじみやすかったといいます。

そこでその滲まないインクを万年筆に入れて使おうとしましたが、今度はインクの粘性が強すぎてペン先までインクが届かずかけないことがわかります。

そこでビーローは化学者であった弟のジョージにこの話を持ちかけ、共同でこれに取り組み、ついにソケットの中でボールが自由に回転するという仕組みを開発します。

回転するボールにインクを付着させ、紙に転写させることで粘性の高いインクでも文字を書くことができるようになり、さらにペン先の乾燥や衝撃にも強いペンを作ることに成功します。

ビーローは1938年にパリでこの発明の特許を取得した、更に同年6月10日に新たな特許を申請し、Biro Pens of Argentina という会社を設立。ボールペンを birome という商品名で売り出します。

その名残で、今でもイギリスやオーストラリアではボールペンのことをbiro(バイロー)といったりします。

boligrafo_marca_birome_i

アルゼンチンの雑誌 Leoplán に掲載された Birome の広告(1945年)

boligrafo_birome_ii_edit

1940年にビーロー・ラースローが売り出した”birome”ブランドペン

その後、イギリス空軍がこのボールペンを採用し、高い高度を飛行中の使用に際してボールペンは万年筆よりも液漏れしにくいことが知られることとなり、その後もライセンスを提供して量産に成功し、戦後のアメリカでブームとなります。

現在では、油性ボールペン、水性ボールペン、ゲルインクボールペン、エマルジョンボールペン、摩擦熱で色が消えるフリクションボールなど様々なボールペンが販売されています。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!