Googleロゴの「ビーロー ラースロー」ってだれ?

boligrafo_birome_ii_edit

1940年にビーロー・ラースローが売り出した”birome”ブランドペン

その後、イギリス空軍がこのボールペンを採用し、高い高度を飛行中の使用に際してボールペンは万年筆よりも液漏れしにくいことが知られることとなり、その後もライセンスを提供して量産に成功し、戦後のアメリカでブームとなります。

現在では、油性ボールペン、水性ボールペン、ゲルインクボールペン、エマルジョンボールペン、摩擦熱で色が消えるフリクションボールなど様々なボールペンが販売されています。

スポンサーリンク