Phone8ではサムスンのプラスチック製曲面OLEDディスプレイを採用か?

少しずつ明らかになりつつある2017年のiPhone新機種情報。一部では、Samsung製のディスプレイが搭載されるかも!?とも報じられています。

iphone-8-concept-video-2

スポンサーリンク

2017年の新機種は合計3機種か

2017年に発売予定のiPhoneの最新機種は、従来のアルミ製ボディやLCDディスプレイを大きく一新すると広く予測されています。韓国のニュースサイト「Korean Herald」によると、「iPhone 8」と称される来年の新機種には、機種全体を覆うプラスチック製の有機EL(OLED)ディスプレイが採用される見込みと報じられています。

さらに記事では、フラッグシップモデルとして発売されるOLEDディスプレイの機種が一つ、そしてiPhone 7やiPhone 7 Plusと同系列の既存タイプの機種(iPhone 7S?)が2つ、合計3つの新機種がAppleから2017年に発売される見通しだそうです。

iPhone8にはSamsung製のOLEDディスプレイを採用?

 iPhone8ではプラスチック製のOLEDパネルがむき出しになるのか、プラスチック部分がガラスで覆われるのかはまだ定かではありません。一般的にガラスディスプレイの方がプラスチックよりも高級感があるとされており、Appleはこれまで iPhoneの全機種でコーニング社の「ゴリラガラス」を採用していました。

またカーブしたガラスもこれまでのiPhoneやApple Watchの端で採用されており、Appleが2017年モデルでプラスチック基盤のOLEDパネルを採用する理由に関しては明らかにされていませんが、Korean Heraldでは、OLEDパネルの製造をSamsung Displayが担当すると報じています。

「AppleがガラスではなくSamsung Display製のプラスチックOLEDを発注したため、OLEDバージョンのiPhone新機種は曲面タイプになるはずです。Samsungは1億ユニット弱の曲面OLEDディスプレイをAppleに出荷することができます。」と情報通の関係者がKorea Heraldに語ったそうです。

フレームレス、ワイヤレス充電、側面センサー…iPhone 8で予測される様々な新機能

これまでの報道では、iPhone 8のディスプレイは全面ガラス製になり、フレームの側面をOLEDパネルで囲うとされていました。詳細は不明ですが、指紋認証対応ホームボタンもスクリーンに統合され、新iPhoneはほぼフレームレスになると言われています。

Appleの動向に詳しいKGI証券の以前のレポートでは、iPhone 8にはワイヤレス充電が採用され、充電器は付属品ではなくオプション購入になると予測されていました。またKorean Heraldは、Appleが新しい「センシング技術」の導入を検討しており、メイン画面のタッチスクリーンだけではなく機体のどこの面を触っても反応する機能が導入されるとも予測しています。

2017年のフラッグシップモデルは曲面OLEDディスプレイを採用のiPhone 8になる予定ですが、iPhone 7 やiPhone 7 Plusのマイナーモデルチェンジバージョンも発売予定です。このバージョンはこれまでと同じフラットなLCDパネルを採用する見込みで、変更点は内部機能のアップグレードと割安な価格オプションとしての位置付けがメインとなり、iPhone 8は今までの機種よりも高い価格設定になるのではと言われています。

9to5mac.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク