ベストオブCES2017:Apple関連商品最新情報!

毎年米ラスベガスで開催される世界最大のコンシューマー向け家電見本市CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)が今年も開催されました。Apple自体の正式参加はないものの、ここでは例年多くのApple製品向け関連デバイスが紹介されており、今年のCES2017でもAppleのハードウェアやソフトウェアに関連する多くの最新技術が発表されました。

数多くの商品から、Apple情報に詳しい米メディア9to5が「ベスト・オブ・CESアワーズ」として、2016年に販売開始された商品や近日商品化予定の選りすぐりの最新技術を紹介しています。

20160108

スポンサーリンク

ベストCarPlay対応デバイス:Alpine iLX-107

20160108-2

車の運転中にSiriを通じてカーナビ機能を果たし、通話やメッセージの確認、音楽の操作をすることができるCarPlay。iPhone6より搭載されているこの機能を使うにはCarPlay対応のナビが必要ですが、CarPlayの登場と共に後付けの対応ナビを販売しているAlpine社がワイヤレス対応の新製品を発表しました。

CarPlayのワイヤレス機能自体は2015年にサービス開始しましたが、現時点でワイヤレス機能に対応していのは2017年2月に販売開始予定のBMWセダン搭載のナビだけです。

Alpine社が発表した「iLX-107」は、後付けで装着可能なナビとしては初のCarPlayワイヤレス機能対応機種となり、7インチのタッチスクリーンを搭載、ケーブルでiPhoneと接続することなしにSiriの音声コマンドで操作をすることができます。

早ければ2017年2月に$699(約82,000円)で販売開始予定となっており、現時点で日本市場向けの販売予定はありませんが、後付け可能なワイヤレスCarPlay対応ナビとして爆発的なヒットが予想されています。

ベストMacアクセサリー:Kanex Gower MacBook向けUSB-Cバッテリー

20160108-3

CES2017年で発表されたのはほとんどがThunderbolt/USB-Cを従来のポートに変換するアダプターでしたが、Kanex GoPowerは新技術であるUSB-Cをフルに活用しています。

GoPower USB-Cは 15,000 mAhの大容量MacBook向けモバイルバッテリーで、12インチのMacBookを最大2回フルに充電することができます。

GoPower USB-C本体の充電自体もMacBookと同じUSB-Cポートを採用している他、USB-Aポートも搭載しているためiPhoneやiPodの充電にも対応可能です。また「プライオリティ・チャージング」にも対応しており、MacBookの接続充電中もGoPowerの充電を電源から行うことができます。

Kanex GoPowerはすでに商品化されており、米アマゾンでは$99.95(約12,000円)で販売されているようです。

ベストiPhoneアクセサリー:Flir One

20160108-4

iPhoneをサーモグラフィ(赤外線カメラ)に変えるカメラアクセサリFlir Oneの最新版が発表されました。

Flir Oneは-20℃~120℃の温度範囲に対応しており、災害時の捜索活動やエアコンの点検、暗い場所での安全確認などに活用できます。第三世代となる最新バージョンは機能が向上しており、また従来のバージョンより安価に入手することができます。

ベストHomeKitアクセサリー:Nanoleaf AuroraスマートライティングシステムMusic Visualization Module

20160108-5

CES2017ではHomeKitに対応した家電製品が数多く発表されましたが、これまでも多くの最新照明技術を発信しているNanoleafの最新商品が最もクリエイティブなものとして紹介されています。

Nanoleaf Auroraはシーンに応じた様々な照明をiPhoneから操作可能な家庭用スマート照明キットですが、そのアドオンアクセサリとして発表されたMusic Visualization ModuleはiPhoneで再生された音楽に反応するサウンドセンサーを搭載しており、音楽に合わせて照明を変化させます。

Music Visualization Moduleは2017年第3四半期に販売が予定されており、クリスマスプレゼント候補として注目されています。

いかがでしたか?

いずれも最新のテクノロジーを駆使した商品となっていますので、ぜひ今後の動向にもご注目ください。

9to5mac.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク