iPhone8は大幅に価格上昇ー150%割高のOLED対応3D Touchが原因に?!

今秋発表予定のiPhone 8には5.8インチのOLED「フレームレス」ディスプレイが搭載されると見込まれていますが、最高額がiPhone 7 Plus128GB)の$969(約108000円)である現行のiPhoneモデルよりも、かなり高めの値段設定になるのではと噂されています。台湾を代表するハイテク関連メディアDigitimesは、この価格上昇の原因が部品コストの値上がりにあると報じています。

スポンサーリンク

iPhone 8の3D Touchは150%割高

報道によると、OLED ディスプレイ対応の3D Touchモジュールは、iPhone 7などで採用されている液晶ガラス対応のモジュールよりも、150%割高となるとされています。

タッチパネルのメーカーTPK3D Touch設定価格は、現行のiPhoneシリーズでは一台あたり$7~9(約780~1000円)ですが、OLED搭載のiPhoneの場合は2倍以上になるそうです。これはOLDEパネルがより脆く、構造が複雑であるため、表裏に貼り合わせガラスを追加する必要があるからであると説明されています。

Digitimesによると、OLEDベースの3D Touch技術は液晶ガラスと比較して通常50%ほど高くなるとされていますが、Appleは業界水準を大幅に上回る、一台あたり$22 (約2450円)の価格に合意し、生産の立ち上げを進行していると報じられています。

最新機能の搭載が原因に?

平均価格を大幅に上回る見積もりをAppleが了承した理由は明らかにされていませんが、iPhone 8にはスクリーン埋め込み式のTouch IDなど、最新のディスプレイ機能が搭載されると噂されており、その必要性が原因となっている可能性もあります。

こうした部品コストの上昇は通常製品の最終価格に反映される事が一般的であり、iPhone 8の価格設定が大幅に上昇する事が現実的になってきました。JPモルガンのアナリストは、iPhone 8の原価が現行モデルよりも$90(約1万円)高くなると以前予想しています。

(9to5mac.com)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク