iPhone8の発売日はいつ?例年通りの発表か?

発売開始時期に様々な憶測の飛んでいる次世代iPhone(通称:iPhone 8)ですが、アメリカの投資銀行モーガン・スタンレーが発表した情報によると、例年通り「9月中旬」になるのではと予測されています。

スポンサーリンク

サプライチェーンに問題あり?

モックアップ画像の流出や最新機能のリーク情報など、今秋発売予定の「iPhone 8」にはますます期待が寄せられていますが、一部報道によるとiPhone8の発表・発売開始時期は著しく遅延し、遅ければ11月にまでずれ込むのではとも報じられています

こうした遅延は、最新技術に対応したOLEDディスプレイやその他部品のサプライチェーンにおける生産が9月の発表に追いつかない事が最たる原因とされています。

「例年通り」の予測

ところがこうした憶測に反し、アメリカの投資銀行モーガン・スタンレーは「発表時期は例年通り」と予測を立てています。同社が発表した企業研究によると、巷でささやかれているようなサプライチェーンの問題や遅延に関しては証拠が上がっておらず、iPhone 8の生産は通常と同じ時間枠で行われる見込みであり、9月中旬にはリリースされるのではと予想されています。

また最新のディスプレイ機能を搭載した部品の生産率が低い事が原因となりiPhone 8の生産は遅れるのではないかとも憶測されていますが、モーガン・スタンレーの中国の技術研究パートナーも、サプライチェーンにおける遅延はなく、OLEDディスプレイを含むほぼ全ての部品の生産が計画通り行われるはずだと発表しています。

他ソースも同様の予測

こうしたモーガン・スタンレーの最近の発表は、各種リーク情報でお馴染みのOnLeaks氏が先日リークした情報を裏付けるものであり、iPhone 8の大量生産は初夏ごろに始まり、9月には制作発表されるという例年通りのスケジュールはどうやら濃厚になってきているようです。

なおiPhone 8には3Dカメラモジュールが搭載され、顔認識機能や拡張現実(AR)機能にも対応するとされており、こうした技術の刷新が発表時期にどのような影響を与えていくのか、まだ慎重に考慮していく余地がありそうです。

http://bgr.com/2017/05/19/iphone-8-release-date-2017-september-no-delay/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク