iPhone 8、Siriスピーカー、Eインクキーボード、ARスマートグラス… 製造ラインからApple新作情報が大量リーク!

Apple製品の製造を手がけるFoxconnの関係者と見られる人物が、iPhone 8、Siriスピーカー、iMacの次世代モデルのデザイン、MacBook向けEインクキーボード、ARスマートグラスなど、今後発表見込みのApple新製品の情報を米ソーシャル・ニュース・アグリゲーター「reddit」に投稿しています。

スポンサーリンク

iPhone 8のTouch IDは機体背面には設置されず

投稿者は今年1月頃、耐久試験段階のiPhone 8を見たと説明しています。プロトタイプはiPhone 7の上下のフレーム部分を狭くしたようなデザインで、以前Benjamin Geskin氏がリークした画像に酷似はしているものの、ガラス面積がより広かったとコメントしています。Touch IDに関しては機体背面ではなくディスプレイに埋め込まれていたものの、指紋認証の成功率は低かったそうです。

今回のリーク情報はあくまでも1月の試作段階の機体をベースにしているため、そのデザイン等が後変更されている可能性もありますが、投稿者は「Touch IDは機体背面には設置されない」と断言しています。

Siriスピーカーは「ゴミ箱」のようなデザインに

6月5日(現地時間)のWWDC 2017で発表される可能性が高い音声アシスタント搭載のスマートスピーカー「Siriスピーカー」に関しては、ゴミ箱みたいと話題になったMac Proを小さくしたようなデザインだったとリークしています。これまでAppleはカメラやディスプレイ付きのものも含めた様々なデザインをテストしていると見られていますが、Mac Proに似ているデザインだという情報は以前にも他ソースからリークされています。

iMac・MacBookの大幅アップデートは2018年以降

2017年中iMacに関しては大きなデザイン変更はなく、2018年に大幅アップデートされる予定だとしています。2018年のアップデートではガラス部分が大きくなり、機体は漆黒になるそうです。また、現在Appleが開発中のmicro LEDパネルを使った光るAppleロゴもつけられる予定とのことです。

またMacBookも今年中はインターナル・アップデートのみに止まりますが、将来的にはキーボードの個々のキーの表示内容を自由に変更可能なEインク(電子ペーパー)キーボードが採用される予定だと語っています。OLED(有機EL)のタッチバーはファンクション・キーの列に残り、その他がEインクのスマート・キーに変えられる見込みで、外付けのMagicキーボードにも同じ機能が搭載されるそうです。

ARスマートグラスの詳細情報もリーク

まだ開発初期段階と考えられるARスマートグラスに関しても投稿者は情報を持っており、発売時期は2019年頃とリークしています。メガネタイプのこのデバイスはアセチルセルロース製のフレームで、骨伝導スピーカー、マイク複数、内臓バッテリー、ユーザーの視界に情報が表示されるプリズムなどが搭載される予定だとのことです。

レンズはドイツで生産される予定で、ボイス入力可能なマイクや動きを検知する加速度計なども搭載予定だと説明されています。また、頭の動きを感知するセンサーや、音量調整や電話を受けるための操作部品も付属するそうです。

このように様々な製品に関する情報がランダムにリークされていますが、信頼性の高さに関しては裏付けが取れている訳ではありません。通常であればこうした匿名の投稿は信頼性が低いものとされますが、reddit他ユーザーからの「賛成」票率は高く、信頼できるものとして捉えている人も多くいるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク