アップルペイが中国進出決定。アリババに対抗できるか

クレジットカードをiPhoneのアプリに登録し、専用の読み取り端末にiPhoneをかざすだけで決済が終わる便利なサービスアップルペイ
ウォールストリートジャーナルが伝えたところによると、アップルはモバイル決済サービスアップルペイを中国でも2月初旬までには始める計画であることを発表しました。
http://www.bbc.com/news/business-35129393

_87273517_gettyimages-457552032

Photo: BBC

スポンサーリンク

アリババに対抗

このサービスが始まると、中国で展開する大手オンライン決済のプラットフォーム「Alipayアリペイ(アリババ ホールデイングス)の競合相手になります。アップルは、中国のカード決済サービス最大手の中国銀聯「Union Pay」 と提携することになりこのカード所有者は2月初めにもアップルペイを利用できるようになります。

アップルのこの計画は、バンキングやオンラインショッピングの審査が複数の中国規制局管理課のもとにあるため、まだ審査段階です。

“まだコメントをできる状況ではありません”と中国アップルの広報担当者はロイターの取材に対し電子メールで回答をしています。

スマートフォンやタブレット端末の販売の大きな市場である中国は、人口のおよそ68%の人が1から2つの電子財布を所有していて、2014年9月に米国でスタートしたアップルペイは、この大きな市場にねらいを定めたものです。

今後、中国でどのくらいの人がアップルペイを利用して決済をするかは不透明です。アップルは、米国のすべてのカード決済がなされたうちの0.15%、デビットカード支払いでは0.5%の実績があります。
イギリスでは、アップルペイが米国以外の国で展開された初めての国で、7月にサービスが利用できるようになりました。

その他の電子お財布

アメリカでは、100万以上の商業店舗、施設でアップルペイやグーグル・アンドロイド・ペイを利用できます。一方、サムスン(韓国)のサムスンペイは今年8月に韓国ではじまりましたが、9月にはアメリカでも利用開始されています。Paypal(ペイパル)は、モバイルなどのデバイスなしでもカードやID/パスワードだけで決済できるシステムで、主にオンラインショッピングで利用されています。
source:
http://www.bbc.com/news/business-35129393
https://messe.nikkei.co.jp/nf/i/column/globaltrend/129075.html

スポンサーリンク