アカデミー賞監督も撮影に使うREDの高機能デジタルカメラが一般向けに発売

ホラー映画で有名なピーター・ジャクソン監督や暗い映像を得意とするデビット・フィンチャー監督が使う機材と同じ撮影用機材が、低価格、しかも高機能高解像を保ったまま、映画やコマーシャル撮影できるカメラが登場しました。 高性能高解像度を誇るカメラをリーズナブルな価格で制作販売するレッド・デジタル・シネマ・カメラ・カンパニー (通称RED) が、レッド・ドラゴンシリーズのニューモデル「SCARLET-Wモノクロームデジタルカメラ」を発表しました。

スポンサーリンク

高機能高画像デジタル映像カメラ Dragon シリーズ SCARLET-W

価格は$9,950USD (日本¥約119万円)で出荷は2016年2月を予定しています。同社のエピック($29,000USD)とラバンの ($5,950USD)の価格、解像度において中間のモデルになります。

RED代表取締役ジェアード・ランド氏は「新モデルSCARLET-Wモノクロームデジタルカメラは、完璧な映像の品質、直感的なデザイン,使いやすさからエントリーレベルのカメラマンでも使えるカメラを目指しています。

弊社のカメラ製品はダイナミックな広さで映像のクオリティを豊かで自然な色使いを保てるドラゴンセンサーを搭載しているので、全体のインターカット・フッテージもほとんど継ぎ目がありません。」とSCARLET-Wに太鼓判を押しています。

red-scarlet-w-5k-camera-1

先行予約受付アメリカ版REDホームページ

世界中の映像クリエイターに人気の高いRED社の映像機材ですが、12月中旬からはじまった先行予約は、2015年12月現在のところホームページUS版だけで行っています。

主な特徴は以下の通りです。

・暗い環境の中でも色彩のクオリティをしっかりキャプチャーリング、保護するOLPFシステム搭載

・最新型CMOSセンサー使用

・コンパクトで軽量化実現 重量 3.5pound (1.6kg)
・最大毎秒フレーム数5K 60 fps

・モノクローム撮影可能
もっと詳しい仕様をお知りになりたい方はちらをご覧ください。

http://us.red.com/store/products/scarlet-w-brain-deposit

これまでのモデルとは異なり、前世代モデルから、SCARLET-Wへのアップグレードはできませんが、前世代のSCARLETモデル購入者は、エントリーレベル撮影パックが、$2,500(USD)を割引した価格で販売できます。

インデイ―ズプロデュサーやレンタル機材業者にとっては、さらにリーズナブルな価格となったSCARLET、次はどんな機材がでてくるのか目が離せません。

スポンサーリンク