ツイッターでいじめや嫌がらせにあったときの対処法

ツイッター上での暴言やいじめを「トロル」と言います。ヨーロッパ・ツイッターのトップBruce Daisley(ブルース・デイズリー)は、ツイッター10周年を前に、インデペンデント誌に「ツイッターは、トロル(暴言、いじめ)撲滅に一番にとりくんできました」と語りました。
http://www.bbc.com/news/technology-35181113

_87380647_87380646

Photo: BBC

ツイッターは、これまでツイッター上でのいやがらせをなくすため、アカウントに入る前にユーザーに電話番号を入力してもらい、本人認証を実施、Quorility filter (クオリティ・フィルター)を提供し悪質なアカウントのリストを共有するなどいじめ撲滅対策をしてきました。ディズリーは、これらの対策の実施は、ユーザーに安心してツイッターを利用してもらうのに役立ちましたと話しています。

スポンサーリンク

オンライン上でいやがらせにあった有名人

2014年夏に亡くなった俳優のロビン・ウイリアムスの娘は、彼の死後ツイッター上でいやがらせを受け、彼女のツイッターのアカウントを削除しました。
脚本家のJane Goldman (ジェーン・ゴールドマン)は、嫌がらせ被害を受け、それをきっかけにツイッターをやめました。Sara Payne(セーラー・ペネ)は、2000年に娘が誘拐、殺された後の数年間、オンライン上でいじめを受け、SNSをやめる決意をしたそうです。

今年2月、CEOのDick Costolo(ディック・コストロ)は、あとをたたないいやがらせに対し「ツイッター上で起きている暴言、いじめを撲滅する」と本格的に対策に乗り出しました。

いじめ、いやがらせにあったら・・・

  • 嫌がらせツイートにフラグをたてる。ツイッター側が、アカウントに対し厳しく対処し、暴言を受けたユーザーに対しアドバイスを行います。
  • 完全無視いやがらせの目的は、反応を見たいだけなのです。
  • いやがらせアカウントを見破る。嫌がらせの多くが30日未満に作られたアカウントからのものだそうです。

sources:http://www.bbc.com/news/technology-http://www.bbc.com/news/technology-35181113

スポンサーリンク