【PS4のHDD交換】おすすめHDD/SSDとデータ移行方法

PS4にデフォルトで搭載されているハードディスクは500GBのHDD です。これでは満足できない方は、ハードディスクを交換してみましょう。意外と簡単にできます。

機械を開けたことが無いと、中の構造を見たりするのはなかなか心理的に高い壁だったりしますが、作業自体はとても簡単です。大まかにいえばHDDまたはSSDを交換し、OSをインストールするだけです。以下に詳しい手順を解説しますので解説を参考にしながら作業してください。ただし作業は自己責任です。故障した場合などの責任はとれませんのでご了承を。

スポンサーリンク

準備するもの

  1. PS4本体
  2. バックアップ用の外付けHDDまたはパソコンなど(新品のPS4を換装する場合は不要)
  3. SATA 3Gbpsに対応する厚さ9.5mm以下で容量160GB以上2.5インチ内蔵型HDD/SSHD/SSD
  4. ドライバー
  5. 1GB以上のUSBメモリ
  6. インターネットに接続できるパソコン

これだけです。

ステップ0:PS4を用意する

今回はすでにPS4を持っているものとして説明しますが、もし新しく買うPS4のHDDを交換したいと考えている方は、1TBのモデルを購入しても無駄に高いだけですので、はじめから500GBモデルを購入することをお勧めします。

ステップ1:目的にあったHDD/SSDを選ぶ

HDDやSSDを選ぶ際にはSATA 3Gbpsに対応する,厚さ9.5mm以下で容量160GB以上の2.5インチ内蔵型という基準をクリアしたものを選んでください。

この基準をいちいちチェックするのも面倒なので以下にこの基準を満たしたおすすめのHDD/SSDを紹介します。

コストを抑えて容量を増やすのが目的の場合はHDDを選びましょう。

コストを抑えて容量も速度もそこそこ上げたい方はSSHDを選びましょう

お金を出してでも爆速を体感したい方はSSDを選びましょう。

SSHDはHDDよりは速くなりますが、SSDに比べるとまだまだといった感じです。

スポンサーリンク