ラズベリーパイ・ゼロ: 世界を変える5ドルのコンピューター

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)が初めて登場したとき、世界は度肝を抜かれました。Raspberry Pi はARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータで、英国ラズベリーパイ財団によって開発されていますが、驚くべきはその値段。これまで Raspberry Pi 1 Model A/A+/B/B+/2 Model B/Compute Model が発売されていますが、いずれも20~35ドルという破格でした。

The $5 computer that can change the world

http://bgr.com/2015/11/26/raspberry-pi-zero-price-where-to-buy/

pi-zero

スポンサーリンク

ラズベリー財団の送る最新機「Raspberry Pi Zero」のスペック

そしてまた新たに一つ、ラズベリー財団の最新製品が登場しました。その名は「Raspberry Pi Zero」お値段たったの5ドルです。

5ドルというおもちゃのような値段なのに、スペックは本物です。以下にスペックを書き出してみました。

・Broadcom BCM2835 アプリケーションプロセッサ

―1GHz ARM11 コア (Raspberry Pi 1 に比べて40%速くなっています)

・LPDDR2 SDRAM(512MB)

・micro-SD カードスロット

・1080p60 ビデオ出力対応 mini-HDMI ポート 1個

・USB 2.0 ポート 1個

・GPIO 40ピン

―Model A+/B+/2B と同等のピン配列

・Raspberry Pi シリーズ最小の 65mm x 30mm x 5mm サイズ

現在増産中

先進国の企業家にとってもさることながら、Pi Zero の値段は途上国の企業家にとっても魅力的です。発売はイギリスとアメリカで始まりますが、既に生産した「数万台」は既に予約済みとのことです。目下イギリス、アメリカ両国内のメーカー数社とも提携して増産中とのことですので、それまで首を長くして待つことといたしましょう。

関連記事

超小型スティックPCのレビューをまとめて比較!使い方とおすすめを紹介

スポンサーリンク