株、投資、節約?お金持ちになる夢を叶えられない人が犯す5つの間違い

誰もがお金持ちになりたいという夢を持っています。よい生活、経済的安定、大きなマンションや、もしかしたら島を所有するなんてことも…。そんな幻想を抱くとき、人は幻想で終わらせてしまいがちです。幻想は「どうせ起こりっこない」と思われてしまうのです。この思い込みのせいで夢は幻想のままで終わり、決して現実にはなってくれません。ではなぜ現実にならないか、お教えしましょうか?

5 Self-Limiting Beliefs That Stop You From Building Wealth

http://www.lifehack.org/311234/5-self-limiting-beliefs-that-stop-you-from-building-wealth

「株もできないし、技術の天才っていうわけでもない、どこから始めたらいいかわからないよ」というあなた、まず第一歩はその言い訳からやめてみましょう。

スポンサーリンク

1.「もう始めるには遅すぎる!」

本当にそうですか?昔は学校へ行くことに対して同じことが言われていましたが、今では勉強の道進む若い人も多くいます。経済的安定を達成しようとするのも同じことです。技術が進歩して株のやり方を調べたり学んだり、投資を行ったり、貯金をしたり、ひいてはもっとお金を稼ぐということがずっと簡単になっているのです。

何歳になっても、他人がどうやってお金を稼ぎお金持ちになっているのか時間を割いて調べることはできます。ティモシー・サイクスはペニーストックの運用やそのやり方をたくさんの人に教えることで財を成しました。哲学を専攻としながらペニーストックについて学ぶと、彼の人生はとたんに大きく変化したのです。何歳になっても、何を学んでいようと、人生のどの段階にあっても、学ぶのに遅すぎることはありません。

2.「他の人が教えてくれた経済うんちくと違う!」

違うかもしれません、そこ理由があるのです。IRA(個人退職口座)と401kプログラム(確定拠出個人年金制度)による巨額の損失があった今、「間違ったことを教えられていたのでは?」と自問するべきかもしれません。経済に関する秘訣が変わらずにいてくれることを期待するのは、この現代でポケベルを使い続けることに似ています。実証済みの方法であっても、時間の変化とともに変わっていかなければなりませんし、もしくは二次的変化を起こさなければなりません。二次的変化とは、企業などで古いやり方が機能しなくなった時の大幅改変のことを言います。

これは必要に迫られた変革です。全てのものは、時間の経過に伴う変化には抗えません。古いやり方の改善を図るのがまず第一歩ですが、すでに実証され試されているものはもう使えません。白紙から始めるべき時です。

3.「お金持ちになるほど賢くないよ!」

信じるか信じないかは別として、天才プログラマーやセレブ、発明家であるということはお金持ちになるために必要な要素ではありません。同様に、株の天才や投資の師匠でなければその世界に踏み込んではならないということでもありません。少し調べるだけでその小さな関心ごとや趣味が大きく膨らみます。目的達成のために知らない世界のどこまでも突き進んでいいというわけではありません。ここで言いたいのは、はしごを上るための方法はいくらでもあるということです。インターネットの普及により、何年も大学に通ったり高い学費を払ったりしなくても、なんでも学ぶことができるようになったのです。

どこから始めたらいいかわからないという人は、キーワード検索から始めてみましょう、例えば「投資や株の初心者へのヒント」や、「経済的自立」などです。自分のお金の記録をつけるにはMint.comがよいウエブサイトです。実際、始めようと思えばどこからでも始められます。第一歩を踏み出すことが大事なのです。

4.「お金持ちの家に生まれたわけじゃないし!」

たいていの人はそうです。だからといってお金持ちになれないわけではありません。実際に、お金持ちの主人公がさらにどんどんお金持ちになる映画なんて見たことありますか?あるかもしれませんが、落ちこぼれの人がなんとかしてお金持ちになっていくものの方が多いです。自分の関心ごとや趣味、才能を経済的発展に使えないか考えてみましょう。あのマーク・ザッカーバーグがいい例です。Facebookの創設者である彼は、名もない青年からどうやって世界有数の富豪になったか映画にもなったほどです。おとぎ話のようなうまい話はありません、自分で自分の夢は叶えなければならないのです。

5.「まだどこから始めていいかわからないよ!」

多くの人はそんなことわかりません。そこでヒントです、あなたが最も尊敬する人を創造してみてください。おそらくあなたに「お金持ちになりたい」と思わせた人でしょう。彼らが今の位置にたどり着くまでにはどうしてきたと思いますか?彼らの足跡を全てたどる必要はありません、小さなインスピレーションがあればいいのです。また、彼らにはそれぞれのインスピレーションがあり、それに従った人たちが何人もいるでしょう。彼らのヒントやトリックを参考にしてみましょう。不安定というのは怖いものです、しかしそれを何もしないことへの言い訳にしてはいけません。何もしないで見ているだけでは何も起きません。ここまでくればもうわかりましたよね。

スポンサーリンク