サムスンから完全ワイヤレスイヤホン「Gear IconX」が登場

17088-14269-160602-IconX-l

スポンサーリンク

サムスンがワイヤレス・イヤホンを発売

オンキヨーの「W800BT」モトローラの「Hint」、ブラギ社の「Dash」、そしてアップルの「AirPods」など、この一年でのイヤホン・ヘッドフォンのトレンドは「ワイヤレス」です。

iPodなどの音楽再生デバイスとイヤホンをBluetoothなどでペアリングさせ、ケーブルなしでも音楽を楽しめるという未来感あふれるデバイスですが、韓国大手サムスンも「Gear IconX」というワイヤレスイヤホンを開発しました。

これまで情報の出てきたワイヤレスイヤホンでは、左右の耳かけパーツの間をつなぐケーブルがあるものもあったのですが、Gear IconXはそれすらない、「完全ワイヤレスイヤホン」になっています。

バッテリーは見劣り

ワイヤレス通信機能を完備しているのに加えて、内蔵ストレージには4GBの容量を確保していますので、スマートフォンからのストリーミング配信音楽を聴くだけでなく、本体内の音楽データを再生することもできるようになっています。

残念ながらバッテリー容量は47mAhと小型で、本体内の音楽データの連続再生時間は3.5時間ほどだそうです。

他のワイヤレスイヤホンが最大6時間ほど再生できるのに比べると、この点は見劣りすると言わざるを得ません。

ですが付属のケースには315mAhの外部バッテリーが搭載されており、屋外での充電が複数回可能になっています。

ヘルスメーター機能も搭載したGear IconX

Gear IconXの特徴として、ユーザの心拍数や移動距離と速度、消費カロリーなどを自動で測定するヘルスメーターとしての機能が実装されていることが挙げられます。

その際はスタンドアローンのフィットネスデバイスとして使うこともできます。

サムスンが提供している健康管理アプリ「S Health」と同期して一括管理することができ、ダイエットやトレーニングのための重要な情報源となるでしょう。

操作はスワイプやタップといった操作で行うことができる他、「Voice Guide」という音声入力にも対応しています。

メーカー希望価格は199ドル、発売日は2016年7月を予定しているとのことです。
Via: Appleinsider

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク