セコムが世界初のドローンによる監視セキュリティサービス開始を発表!自動追尾して不審者を撮影

待望の自立型の飛行小型監視ロボットの登場です。セコム株式会社は、民間防犯用としては世界初の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を、12月11日から開始すると発表しました。このセキュリティドロンは、監視ロボットとして優れた特徴があります。

nr_20151210-1

スポンサーリンク

小型監視ロボットの特徴

このドローンは、立ち入り禁止区域に立ち入った不審車両や不審人物の顔写真を撮影するために10メートルの高さから移動をし、不審車両のナンバープレートをキャッチ、センターから撮影できます。ドロンは、4つのプロペラがあり触れられて壊されないようにするためのプロペラガードが搭載されています。不審者の写真撮影を終えると、ドローンは、逃走していく不審車両を区域内にかぎり追跡ができます。

レンタル料

レンタル、工事費用などを含め費用は最低800,000円月々の使用料が5,000円とセコムは発表しています。かなりの金額ですが、それでもドローンが写真撮影、追跡までしてくれるなんて現場の警備員にとっては朗報かもしれません。

スポンサーリンク