完全自動運転車がカーディーラーに並ぶ日

自動運転車は、まだまだ何十年も先の未来の技術だと思っていませんか?だとしたらそれは大間違いです。まるで SF の世界の話の様ですが、自動運転車はもう実現しているのです。

Self-driving cars aren’t just the future – they’re here right now

http://bgr.com/2015/10/19/self-driving-cars-60-minutes-report/

google-self-driving-car

Mercedes-Benz S500 は、搭載されたプログラムによって、まだ試作段階とはいえ最も進んだ自動運転車となりました。車は止まるべきところでは止まり、道がクリアになればまた進みます。この車では、ドライバーが運転する必要はありません。ドライバーはただ席に座り、ソフトに指示を出すだけです。

しかしこの技術について知っておくべきことがあります。この技術は、Mercedes 社だけが Google X-style 研究所で行っている研究ではないのです。この技術は自動車メーカーや Apple、Google なども行っている研究です。つまり、今後10年間のうちに完全自動運転車が市場に出回る可能性は十分にあるのです。

もちろん、まだまだ解決すべき問題はあります。Google の車は雨の強い日には使えませんし、Mercedes の車は交通整理の警察官のジェスチャーを認識できないのです。現在のところ、TeslaModel S が自動運転には一番近いように思われます。最新のソフトウェア・アップデートにより、高速道路での車線変更路上での縦列駐車が自動化されました。GM は同様の機能を2017年にリリースする予定です。そして新しくリリースされる全ての車が、自動で車線変更できるようになるまでにそう時間はかからないでしょう。

もちろん、ドライバーがこういった車を選ぶかというのは別問題です。そして、他にも問題があります。今日、車を運転することでお給料を頂いている方、タクシードライバーやバスの運転手の方などは、企業が自動運転車を導入すれば仕事を失ってしまいます。このような問題があり、自運転への切り替えに伴う混乱は避けられないでしょうが、多くの人が考えているよりもずっと早く訪れるであろうことは確かです。

スポンサーリンク