頭がいい人の6つの共通点とは?

プラトン、ニュートン、アインシュタイン、ホーキング。

彼らは人類始まって以来の、ずば抜けて明晰な頭脳の持ち主と言えるでしょう。生きていた時代は違いますが、彼らには多くの共通点があります。生まれつきの知性に恵まれたこともありますが、生まれてから何をしてきたか、ということが彼らの名前を歴史に刻ませたのです。このような人類まれに見る秀才には、以下のような共通点があります。

http://www.lifehack.org/310384/6-commonalities-shared-highly-intelligent-people

スポンサーリンク

1.順応性がある

知的な人はどんな状況にも適応することができます。利用できるものが限られているからといって言い訳はしません;どんな障害があろうとも、自分の目指す目標を達成しようとします。例えばニュートンは微積分学を1600年代に発明しました;もちろん電卓やパソコンなどはありませんでした。ホーキングは車いすでの生活でしたが、健常者よりもおおくのことを成し遂げました。どんな逆境にあっても知的な人は目標を達成します。

2.知識欲がある

世界で最も明晰と言われている人たちは、まだまだ学ぶことがある、と理解しています。今知っていることに満足せず、毎日知識を増やそうとしています。皮肉なことに、知的な人は自分たちが全てを知っているわけではないと認識していますし、逆に限られた知識しか持っていない人は自分が全て知っているかのような気になってしまいます。知的な人のしるしとは、世界には自分以外にももっと頭のいい人がいるんだと認めることができることです。

3.好奇心を失わない

上述のように知的な人は学習を止めません。物事に対して常に、なぜこうなっているのだろうと考え、答えに満足することはありません。科学的理論の理解の仕方が多岐にわたってくるにつれそれらはどんどん改善されていき、世界を見る味方も変わってきます。科学者や数学者が何かひとつ重要な情報を発見したとすると、彼らは今度はそれを使ってもっと多くのことを解明しようと試みます。

4.知的な質問をする

頭のいい人は頭のいい質問をします。答えが1つしかないと明らかにわかっているような質問はまずしません。むしろ、従来の考えに挑戦するような答えがたくさんある質問をして、他人に違った目線から見るように仕向けます。今すぐに答えがわからないような質問をすることによって、他人に既存の概念から外れた考え方をさせ、知性と能力を広げようとしてくれます。

5.疑ってかかる

知的な人々は、人から教えられる情報は話半分に聞いています。「日光に当たりすぎると皮膚がんになります」という記事を見て、「当たり前じゃん」と思ったことはありませんか?多くの人にすでに受け入れられている事実でも、彼らは常にその理解を広めようとしています。皮膚がんの例を取って言うと、日光に当たりすぎるとがんになると言われていますが、では「当たりすぎ」はどれくらいなのかを突き止めようとしているのです。

6.オープンな心を持つ

知的な人は新しい可能性や考え方に非常にオープンです。全てのことを疑ってかかる癖はありますが、同時に常に新しい情報を探しているということもありますので、何か新しいアイデアが出てくるととても喜び、その真偽を確かめようとします。このオープンな心が発明の母です。知的な人にとっては、不可能なほどクレイジーな考え方などないのです。一般的な人は自分の理解度を超えてしまっているアイデアはあきらめてしまいますが、知的な人はそれを実現させるのです。

スポンサーリンク