世界最小のカタツムリ!?針の穴に10匹詰め込めるって…

「大きさは問題ではない。」いろんな場面で言われる言葉です。しかしこの世界最小のカタツムリにとってはサイズこそが武器なのです。

This snail is so small that 10 fit in the eye of a needle

http://www.geek.com/science/angustopila-dominikae-is-a-snail-so-small-10-fit-in-the-eye-of-a-needle-1635256/

tiny-snail-590x330

スポンサーリンク

世界最小のカタツムリその生態は?

学名「Angustopila dominikae」というこのカタツムリ。見つかっている中では地球上でもっとも小さいカタツムリなんです。針の穴に10匹詰め込めるというから驚き!体長は5mm以下、体高は0.86mmです。中国南部の石灰質の丘の麓に生息しています。

このカタツムリは、ハンガリーの貝殻収集家András Hunyadi氏によって2013年に発見されました。彼は広西チワン族自治区で丘の近くの泥をふるい分けしていた時にこのカタツムリを見つけました。そして日本の信州大学のチームによって亜種が発見されました。

Angustopila_dominikae-590x753

科学者によると、この世界最小のカタツムリは雨の降った後の石灰質に生える藻類を主食としているようです。 とても小さいこともあり、このカタツムリを見つけるのはとても骨の折れる仕事でした。岩から取り出すのに特別な方法を使い、水で洗って選別する必要がありました。そして目の細かいふるいにかけ、最終的に肉眼で判別するのです。

このカタツムリの生態は、いまだ多くの謎が残されています。しかし「発見」は第一段階に過ぎません。研究者は現在、生息地に赴いて生態の調査に邁進しています。

そして今までに、全部で7種類のカタツムリが発見されています。続報が楽しみです。

関連記事:

世界最速時速1609kmを目指す超音速自動車「ブラッド・ハウンド」

人間はみんな一人一人異なる菌を放出している

化石から「恐竜の色」を解き明かす技術

スポンサーリンク