ライブカメラの捕えたシロフクロウの美しい姿

いつもは交通渋滞の様子を写しているライブカメラですが、カナダのモントリオール近郊で世にも美しいシロフクロウの飛ぶ姿が撮影されました。

A Traffic Camera Captured This Gorgeous Shot of a Snowy Owl in Flight

http://gizmodo.com/a-traffic-camera-captured-this-gorgeous-shot-of-a-snowy-1751616463

tlngpcbr1z2kdtr1gbaw

スポンサーリンク

カナダのライブカメラが捉えた雄姿

全国の道路に設置されているライブカメラはご存じでしょうか?主要な高速道路などの渋滞状況をリアルタイムで確認できるものですが、当然映るのは道路ばかり。面白い映像など望むべくもありません。そんなライブカメラが、現地の動物の珍しい姿を捉えました。

新年の1月3日にカナダの高速道路で撮影されたのは、黒い斑点のある白く大きな翼を広げて一面の銀世界の中を飛ぶシロフクロウの姿でした。

iggewztrtdtbmr1ztdrw

冬にカナダまでやってくるシロフクロウ

マックギル野鳥観測所によると、このシロフクロウは止まり木のような場所を探していた若い雌だろうとのことです。

「高速道路の近くには開けた草原がありますので、獲物である小型のげっ歯類をハントするためにシロフクロウがやってくることは前からありました。ハンティングには良いポジション取りが欠かせませんので、街灯のような高くてハンティング中に止まれるものに集まるのです」

シロフクロウは夏の間北極圏でハンティングをし、そこで子育てをします。

「冬休みに入ると南下してきて、モントリオールやオンタリオといったカナダ南部の都市の近くにまでやってくるのです」

ケベック州の交通大臣Robert Poëti氏は以下の内容をツイートしました。

ケベック州なのでフランス語ですが、訳すとこのようになります。

「モントリオールの西にあるA-40高速道路のライブカメラに捉えられた美しいシロフクロウ」

ええ、なんとも美しい姿ですね。

スポンサーリンク