Sony「防水スマートフォンを水の中で使わないでください」

ソニーのスマートフォンを買ったとき、「防水」というのは大事な要素でしたか?例えどうであれ、水の中に持っていくのはやめた方がよさそうです。

Sony warns users not to take ‘waterproof’ phones under water

http://www.cultofandroid.com/76101/sony-warns-users-not-to-take-its-waterproof-smartphones-under-water/

i1III_underwater_in_use_1_R2-940x626

いくら防水機能を謳っていて、水中スマートフォンショップや上の写真みたいな促販用写真を使っていたとしても、Xperiaを濡らしすぎるのは良くないようです。「水の中では使わないようにしてください。」とSonyのXperiaサポートページの「防水及び防塵機能」ガイダンスに追記されていました。「デバイスのIP保護等級は研究室環境下のスタンバイモードという条件で達成されています。ですので、水中で写真を撮るなどはしないでいただきたいのです。」

Sonyの最新機種は、ほこりや水に対してIP68を記録しています。デバイスを水深1.5mに30分さらしても大丈夫な数値です。それにしてもなぜあんな広告を出した後に手のひらを返したのでしょうか?XperiaBlogによると、Sonyの苦情や訴訟に対応しての行動ではないかと指摘しています。デバイスを見ずに濡らして壊してしまった顧客からの苦情や訴訟です。

もしSonyがこのデバイスを水に耐えられると言って販売し、実際はそうでなかったとしたら、不正広告に当たります。です企業が水に入れるなと警告した上でユーザーが水に入れて壊したとしても、それはユーザーの責任です。実際は、Xperiaはまだ防水とされていて、そこは変わっていません。Sonyとしても、雨の日や風の強いビーチ、あるいは水没さえさせなければ浴室でも使えるとしています。しかし水没させてしまうと、壊れます。Sonyが既に警告を出しているので、壊れてしまってもユーザーの責任です。ただし、下のXperia Z3広告のように、推奨されている場合は別です。

スポンサーリンク