赤ちゃんが泣き止まない!子供を泣き止ませる時に使える5つの方法

Is Your Baby Crying? Here Are 5 Things You Can Do

http://www.lifehack.org/312554/your-baby-crying-here-are-5-things-you-can

赤ちゃんが泣き止まない…そんな時、親としてとても不安になりますよね。赤ちゃんが泣く時は、お腹が空いていたり、疲れていたり、おむつを替えてほしかったり、何かしら理由があるはずなので、何も思い当らない時はよけい不安になってしまいます。しかしこれはよくある間違いで、赤ちゃんは泣くことにより特定の感情を伝えようとしており、コミュニケーションの大事な手段とされています。

つまり、赤ちゃんが泣いている時は、無視をしたり、逆に何故泣いているかを躍起になって突き止めようとしたりせず、どうやって落ち着かせるかということを考えてみてください。泣いている理由がわからない時、どうやって落ち着かせたらよいか、以下にご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.優しく包みこんで横にする

赤ちゃんは生後数週間、多くの時間を泣いて過ごします。新生児は、お母さんの子宮の中にいたときのあたたかさや安心感に慣れていたので、生後、現実世界の環境に順応しようとしているのです。そんな時は赤ちゃんを毛布で優しく包んで横にしてあげて、子宮内にいる環境を再現してあげましょう。

2.肌と肌を合わせる

肌を直接触れ合わせるやり方は、赤ちゃんを落ち着かせるだけでなく、親と赤ちゃんの絆を深めるためにも役立ちます。赤ちゃんがまだ小さい時にゆっくりと時間を過ごすことは非常に重要です。寝ている時やリラックスしている時にスキンシップを図ることで、より強い関係性を築くことができます。

そして、前述したように赤ちゃんはお母さんの子宮内環境に落ち着きを感じますので、肌を触れ合わせることにより赤ちゃんが落ち着き、泣き止むことが多くなります。スキンシップを通して現実世界に順応していくことができるので、そもそも泣かせないというよい手段でもあります。

3.おしゃぶりを与える

おしゃぶりもまた、赤ちゃんをなだめるのにはよい方法です。特に夜中眠れなくて何かを求めているような時は試してみましょう。おしゃぶりをくわえることにより赤ちゃんの心拍数を整え、胃がリラックスし、バタバタしていても落ち着かせる効果があるという科学的根拠もあります。

また別の研究によると、おしゃぶりを与えることで乳幼児突然死症候群を予防する働きがあることもわかっています。おしゃぶりを吸っている赤ちゃんは眠りが浅く、このような病気や症状の影響を受けにくいと考えられているからです。

4.音楽やリズムを使ってリラックス

生まれた時から赤ちゃんは音楽やリズムを楽しむ本能が備わっています。これを利用して、音楽を使い赤ちゃんを落ち着かせてみましょう。子守歌を歌ったり、リズムに乗って赤ちゃんを優しくゆすったり、これだけでも効果があります。ゆっくりした、リラックスできるメロディのものを選びながら、いろいろな音楽を試してみることが重要です。

5.ホワイトノイズを聞かせる

赤ちゃんがホワイトノイズを好むには科学的根拠があります。これも子宮に関することですが、赤ちゃんは生まれてくるまで子宮環境の中で育ってきているのでそれに慣れてしまっています。子宮の中ではある程度のノイズが常にあり、現実世界は静かすぎるので、ホワイトノイズを聞くと新生児は落ち着くとされています。

ホワイトノイズの使用法としては、他の音を遮るくらいのボリュームで一定のホワイトノイズを再生する必要があります。これが、子宮の中で聞いていた音に似ているので、赤ちゃんは落ち着き、また現実世界への順応も助ける働きがあります。どれくらいのボリュームがよいか何度も試してみてください。またホワイトノイズ用に作成されたサウンドトラックも販売されています。

スポンサーリンク