オンラインFPS「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」のベータ版登録が開始。推奨スペックも公開

株式会社 Nexon は、攻殻機動隊の FPS ゲーム『Ghost in the Shell: Stand Alone Complex – First Assault Online』を12月中にリリースすると発表しました。そして同時に必要なスペックも公開されました。

Ghost in the Shell: Stand Alone Complex – First Assault Online PC Specs

http://www.overclock3d.net/articles/gpu_displays/ghost_in_the_shell_stand_alone_complex_-_first_assault_online_pc_specs/1

26070643215l

スポンサーリンク

日本からはプレイできない可能性あり

一つ注意しなくてはいけないのは、このゲームの対応言語は英語、フランス語、ドイツ語、そしてイタリア語のみだということです。そして 12/1 17:00 現在、当該ストアページにアクセスしようとするとページエラーが発生します。もしかするとリリース直後は日本国内からはアクセスできない可能性もあります。日本の漫画が原作のゲームなのに寂しいことこの上ないですが、実際のリリースを待ちましょう。

「誰よりも早くお客様にお知らせしたいニュースがあります。『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX – First Assault Online』が Steam にて利用可能になります。いつも当社のサービスをご利用頂いているお客様に、是非ともお知らせいたしたくご案内いたしました。http://store.steampowered.com/app/369200/ からウィッシュリストに追加することで、続報やリリースタイミングなどの情報をキャッチできるようになります。また、ベータ版への事前登録www.firstassaultgame.com から行えます」

26070643981l

原作キャラはプレイアブルキャラか?

ゲーム公開当初はベータ版になりますので、オフィシャルリリースまでにはさらに何度かバージョンアップがなされると思われます。

ゲーム内では公安9課の所属や、犯罪者テロリストとなってプレイする事が出来ます。少佐やトグサ、あるいはクゼなどがプレイアブルキャラになるのかは不明ですが、トレーラーを見るとモデルの開発は行われているようです。

最低スペックと推奨スペック

以下に最低スペックと推奨スペックを記載しておきます。近年のゲームにしては低スペックでもできるようです。

最低スペック

  • OS: Windows 7 以降
  • プロセッサ: Intel Core 2 Duo E6600
  • メモリ: 2 GB RAM
  • グラフィックス: GeForce 240 GT
  • DirectX: Version 9.0
  • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
  • ストレージ: 3 GB 利用可能
  • サウンドカード: DirectX 9.0以上の互換性のあるサウンドカードあるいは搭載プロセッサ

推奨スペック

  • OS: Windows 7 以降
  • プロセッサ: Intel i5 2500 3.3 Ghz
  • メモリ: 4 GB RAM
  • グラフィックス: GeForce GTS 450
  • DirectX: Version 9.0
  • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
  • ストレージ: 3GB 利用可能(※元記事では ”MB” となっていますが、おそらく “GB” のミスでしょう)
  • サウンドカード: DirectX 9.0以上の互換性のあるサウンドカードあるいは搭載プロセッサ
スポンサーリンク