火星が地球に10年ぶりの距離まで近づく「スーパーマーズ」は本日5月31日の夜に

869ab40e81cd44b38c979376b32dbd10

スポンサーリンク

5月31日の夜はスーパーマーズ

5月31日、火星が最も地球に接近する「スーパーマーズ」という天体ショーが世界の夜空で繰り広げられます。

地球と火星の軌道は完全な同心円状にはなっておらず、地球がほぼ正円なのに対して火星はややつぶれた楕円形の軌道を回っています。

この軌道の違いと、太陽の周りをまわる公転周期のずれにより、地球と火星は2年2ヶ月で近づいては離れるというサイクルを繰り返しているのです。

そして今年のスーパーマーズはここ10年で最も近くまで接近する「超」スーパーマーズなのです。

望遠鏡をお持ちでしたら、今晩19:30以降に南の空を覗いてみてください。さそり座の心臓「アンタレス」の右側に、明るく大きな赤い星が見えることでしょう。

家庭用望遠鏡でも十分に観測可能

さて、ここで言う「接近」には、「比較的」という単語が頭に付きます。

一番近い時でもまだ地球と火星の間には7,500万キロメートル(光の速さで4分と少し)の距離が空いていますので、地表のオリュンポス山を肉眼で見ることはできません。

ですが家庭用の望遠鏡など、手軽な装置だけでも十分に観測できる絶好のチャンスであることに変わりはありません。

みなさまもこの10年に一度の天体ショーをご覧になってはいかがでしょうか。
Via: Engadget

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク