Teslaの自動運転車が”日本以外の”全ての国で認可されたことが明らかに

最新の自動運転機能を発表した際、Tesla社CEO、Elon Musk氏は、規制当局からの承認が得られたら、同社はこの新機能をアメリカ以外の国でも展開すると言及しました。そして先日、Musk氏は申請していた国の内、日本を除く全ての国で申請が通ったことをTweetしました。

Tesla’s Autopilot approved for international use

http://www.engadget.com/2015/10/23/Tesla-autopilot-regulators/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今や世界中のTesla車ユーザーが、高速道路でModel Sを自動運転させる未知の体験を味わえるということです。また、Autopilot 1.01は近いうちに、より使いやすくなった車両学習機能を備えてリリースされる予定であるとも発表しました。それによると、状態の悪い道路でも車線変更をスムーズにでき、カーブするときの速度調整もスムーズになるという話です。

同社の半自動運転機能であるAutosteerは、いまだβ版の段階です。走行中は、ドライバーはハンドルを握っておくことが推奨されています。システムが混乱したり、通れない場所を見つけると、ドライバーに運転を代わるよう知らせてくれます。

Tesla's Autopilot approved for international use

車両学習機能の改善とAutopilotのアップデートにより、これらの問題のいくつかは解決されることでしょう。

関連記事:

完全自動運転車がカーディーラーに並ぶ日

Apple「電気自動車を2019年までに完成させます。」

Teslaの35,000ドルのセダンが2年以内に生産開始―予約は来年3月から

ポルシェとAudiが電気自動車の試作機を発表!その驚きの性能とは

スポンサーリンク