「歩きスマホ」で脳が活性化する?東北大の研究で明らかに

東北大学大学院医学系研究科の肢体不自由リハビリ分野の竹内直行院内講師らのグループが、歩きスマホ中の脳活動を初めて明らかにしたそうです。

歩きスマホ中の左右の脳活動はスマホ操作と歩行への注意に別々に関与していて、この研究によって脳活動を利用した歩きスマホ中の転倒予防の機器開発、歩きスマホ時に脳が活性化することを応用した新たな高齢者へのリハビリテーション訓練手法開発などにつながるとのことです。

tohokuuniv-press20160203_01_01

若い人における歩きスマホ中の脳の活動

ポイント
  • 歩きスマホ中は脳の前頭部が活性化する
  • 若い人は左の前頭部が活性化する人ほど歩行中のスマホ操作を上手に行うことができ、歩きスマホ中に安全に歩行できる傾向がある。
  • 高齢者は歩きスマホ中に前頭部が活性化しても、スマホ操作が上手にできず、安全な歩行につながらない傾向がある。
スポンサーリンク

スマホ操作と歩行への注意は左右の脳で別々に処理される

近年、歩きスマホ中の事故が社会的な問題となっていますが、歩きスマホと脳活動の関係性や脳活動が歩きスマホ動作に与える影響は全くわかっていませんでした。そのため本研究は、微弱な光で安全に脳活動を評価できる光トポグラフィ装置(注*)を用いて歩きスマホ中の前頭部の脳活動を調べ、スマホ操作および歩行変化との関係性を調べました。
スマホ操作には数字を順番に押すタッチゲームを使用し、若い健康な方と、高齢な健康な方を対象として研究を行いました。その結果、歩きスマホ中に若い人と高齢者ともに前頭部が活性化する傾向を認めました。

若い人は左の前頭部が活性化する人ほど歩行中のスマホ操作を上手に行うことができ、また、右の前頭部が活性化する人ほど歩きスマホ中に安全な歩行を選択する傾向にありました。一方、高齢者は歩きスマホ中に前頭部が活性化しても、歩きスマホ操作は上手に行えず、安全な歩行にもつながりませんでした。

(注*近赤外光を前頭部に照射し光の吸収度変化を計測することで脳血流が評価できる装置)

参照:tohoku.ac.jp

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!