パスワードの代わりにTouch IDでMacのロックを解除する機能を開発中

mac-mini-security-100662335-large

スポンサーリンク

MacのアンロックのためにTouch ID機能を使う

iPhoneやiPadに搭載されているTouch IDはとても便利で使い勝手の良いセキュリティ機能ですので、Macに導入されるのは歓迎でしょう。

ですが実際に実装するにはどうすれば良いのでしょうか。

Touch IDセンサーをキーボードに追加するというのも、昨年12月のiPhone用アップル純正充電ケース並にブサイクなものになりそうです。

デバイスを追加するのではなく、iPhoneなどとペアリングする

Mac関連情報を扱うウェブサイト「MacRumors」によると、アップルはiPhoneのTouch ID機能を使ってMacをアンロックすることでこの問題をクリアしようとチャレンジしています。

これはiPhoneとMacをBluetoothでペアリングし、Macのパスワード入力画面でiPhoneのTouch ID機能を使ってアンロックするという仕組みなのですが、実はすでに「knock」というアプリがほぼ同様のことをやっています。

違うのは、Knockの方はiPhoneやApple Watchからでもアンロックできるという点です。

MacRumorsによりますと、将来的にはMacとApple Watchをペアリングさせて、iPhoneなしでもTouch ID機能を使えるようにする予定であるとのことです。

またパスワード代わりに使うだけでなく、Apple payの支払いもペアリングさせたTouch ID機能から出来るようになります。

本当に間に合うかは五分五分?

セキュリティ機能はデジタルデバイスを使うにあたってもっとも重要な機能ですが、パスワードを入力するたった数秒の作業ですら人は億劫に感じるものです。

Touch IDはセキュリティを確保しながら入力によるストレスも軽減できる、まさにうってつけの方法と言えます。

MacRumorsによると、現在はMacへの導入を進めているものの存外苦戦しているようで、次回のOS XのアップデートであるOS X 10.12には間に合わない可能性もあるそうです。

Via: Macworld

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク